梅雨の時期のイヤーな洗濯物のニオイ。こうすればあっという間に消えますよ

こんにちは。ぴよちゃんです。

梅雨だから仕方ないけれど、雨つづきで洗濯物が気持ちよく乾きません。

部屋干ししていると、どうしても気になるのが生乾き臭。
「乾いた」と思っても、顔を拭いたときに嫌なニオイが鼻についたり。
特に、台所と洗面所で使ったタオルが臭くなりがちです。

こういう生乾き臭の原因は、雑菌の繁殖。
湿った状態が続くと、雑菌がどんどん増えて、ニオイのもとになるそうですよ。

一度ついてしまうと、漂白剤やファブリーズを使っても、なかなかニオイがとれません。
こんな時は、そう。

煮洗い

化繊は縮んじゃうのでダメですが、綿や麻なら煮洗いが一番。
一回やれば、すっきりとニオイがとれます。
だまされたと思って試してみて!!
汗臭いTシャツやジーンズも、さわやかな香りに!!

うちも、昨日タオルを煮洗いしました。
大鍋にお湯を沸かして、タオルをぐつぐつ。今回は、酸素系漂白剤も投入。
シュワシュワ泡が立って、漂白剤が雑菌と戦ってくれているのがよくわかりました。
今日、干すときには、まったくの無臭になっていましたね。きもちいい!!

ちなみに、うちの場合、タオルやフキンなら、ごはんを作るのと同じ鍋で煮洗いしてしまいます。
「それは抵抗があるわ」
という方は、煮洗い専用鍋を作るか、バケツに熱湯と酸素系漂白剤を入れて漬け込むといいと思います。

酸素系漂白剤は、液体のものでもいいのですが、粉末の方が消臭には効くようですよ。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です