本日土用の丑。「うなぎなんて高くて買えない!」と言うならこれを食べておけ

こんにちは。ぴよちゃんです。

今日は土用の丑の日ですね。
丑の日といえばうなぎ。写真を見ているだけで、ヨダレがでそうです。

わが家も「せっかくだからうなぎ買っちゃおうかな~」とスーパーに行きましたが……。

たっか!!

いやさ、お給料も出たし、買おうと思えば買えますよ?
でも、この金額を出してまで、うなぎを食べる価値はあるのかなあ。

売り場の前で悩むこと数分。
価格と満足度を天秤にかけて、買うのはやめておきました。
その代り、うなぎの隣にあったあなごを買ってきましたよ。
お値段はうなぎの 1/5程度でした(笑)

でも、「縁起物だし、食べた方がいいんじゃないか」という、信心深いあなた。
大丈夫です。

土用の丑にうなぎを食べるのがメジャーになったのは、江戸時代からと言われています。
「エレキテル」で有名な平賀源内が、うなぎ屋の宣伝のため「本日土用の丑」と店先に貼り紙をしたのがはじまりなんだとか。

しょせんはマーケティング戦略から始まったこの風習。
土用の丑にうなぎを食べなかったからといって、病気になったり夏バテしたりする訳ではありません。
(うなぎに夏バテに効くビタミンA、B群がたくさん含まれるのは事実ですけどね)

「でもやっぱり気になるなあ……」
そういう時は、「う」がつく食べ物を食べればいいのです。
こじつけじゃないのって?
いえいえ、そうではありません。

平賀源内の「本日土用の丑」以前から、丑の日に「う」のつくものを食べると暑さに負けない、という説があったんだそうです。
平賀源内、うまく伝承を使ったマーケティングをしたんですね。

そんなわけで、「高くてうなぎには手が出ない」という方。
うどん、梅干し、うり、馬肉、牛肉を食べればいいのです。
「梅おろしうどん」なんて作ったら、完璧じゃないですか?
焼肉やステーキなどを食べれば、精もつきそうですね。

うちも、昼ごはんはうどんを使ったジャージャー麺にしましたよ。
これで、「う」のつくものクリアです(笑)

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です