Kindleのいいところ5つ・悪いところ6つ

こんにちは。ぴよちゃんです。

 

おおっと。Kindleでマンガ読んでいたら、こんな時間になってしまいました。
マンガの大人買い、ヤバいわ。

さて。
Kindleを買って1か月ほどたったので、使ってみてよかったところ、イマイチなところをまとめてみます。

 

Kindleのいいところ 5つ

1.軽い・薄い

文庫本より少し大きいだけで、とても軽いし薄い。
通勤通学や、カフェで読書するときには超便利です。

2.たくさんの本を持ち歩ける

いろいろな本を持ち歩けるので、その時の気分によって読む本を変えられます。
読むのが早い人なんかは、何冊も持ち歩かずに済むので助かりますよね。

出先で「これってあの本に書いてあったな」と思ったとき、すぐにその場で確認できるのもすごくいい。
家に帰ってからだと、何を調べようと思ったか忘れちゃうしね。

3.読みたいときに、その場ですぐ買える

アマゾンや楽天ブックスで買えば、翌日には届いてしまうのですが……。
それでも「読みたい」と思ってから一日のタイムラグはできるわけです。

これがキンドルだと、ぽちっとした瞬間にもう読むことができるのです。
本屋の中に住んでいるようなもので、ワクワクします。

4.ちょっと安く買える

紙の本に比べたら、ほんの少しですが安いです。
もっと割安になればうれしいのにな。

5.辞書機能

以前にも記事を書きましたが→「Kindleでいいなと思ったこと
分からない単語をタップすれば、内蔵の辞書機能で解説が出てきます。
辞書に載っていなくても、Wikipediaで調べることもできます。
いちいち注釈みなくていいから便利!!

 

Kindleのイマイチなところ 6つ

1.本を探しにくい

たくさんの本をダウンロードすると、その中から本を探すのが大変です。
検索機能もついてるんですけど、シリーズものはみんな同じタイトルなのであまり役に立ちません。

先日、「NARUTO」全72巻+外伝1冊を大人買いしたんですが、目的の巻を探すのが大変です。
同じシリーズの本はフォルダにひとまとめできたりすればいいのにな。
(パソコンのキンドルアプリはフォルダ分けができるらしいですよ)

2.複数人で読みたいとき不便

マンガをダウンロードしたら、Kindleを長女に持ってかれちゃってね……。
自分も読みたいのにって時には困ります。
紙の本なら、お互い自分の読みたい本を持っていけるのにね。

Amazonで買った本はクラウドに保存されているので、パソコンアプリでダウンロードすれば複数人でも読むことができます。でもパソコンでは読みにくい。

3.操作を間違えるとイライラする

Kindleは、読んだところのページを記憶して、次に本を開いたときにはそのページから読むことができます。
これ、時には不便になってしまうことも。

たとえば、長女が読み終わったマンガを次に私が読もうとしたときに、最終ページが開いてしまう。
「移動」をタップすれば、最初のページに戻ることができるのですが……。
よく間違えて「ホームボタン」をタップしてしまうんですねえ。

ホームに戻ってしまうと、また本を選ぶところからやり直さないといけないので、本当にイライラします。
後ろの方のページに格納されている本だと、探し直すのも大変。
紙の本だと、こういうことはないもんね。

4.読みたいページをパッと開けない

紙の本だと、パラパラめくってお目当てのページを探すことができますが、Kindleではそういうことはできません。
ページ数検索や目次から探すことはできますが、「これが書いてあったのはどこだっけ?」という時に探しにくい。マンガはとくに難しいです。

5.ふせんを貼れない

一応ふせん機能はありますが、紙の本みたいに指でつまんでパッと開くことはできません。
ふせんを貼って後からそこだけ読みかえそう、という時には不便です。

6.マンガは見開きで絵が描いてあると見づらい

マンガって見開き2ページの大きな絵や、コマ割りが2ページにまたがってることがありますよね。
そういう時に、本当に見づらいです。

 

でもおおむね満足しています

不便な所はまだまだたくさんありますが、おおむね満足しています。
やっぱり、たくさんの本を持ち歩けるのは便利。

これからも使い倒すぞー!!

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です