【書評】これは絶対いいに決まってる!「読むだけでやせる イメージングダイエット」ジョイ石井

こんにちは。ぴよちゃんです。

 

今日も図書館で借りてきた本です。
「読むだけでやせる イメージングダイエット」 ジョイ石井さんです。

先日の「愛しのローカルごはん もう一杯!」と一緒に借りてくるところに、自己矛盾を感じますな。

 

「理想の自分」をイメージしてニヤニヤしてるだけでやせられる!?

このイメージングダイエット。簡単に言えば

理想の自分を思い描き、ワクワクするだけでダイエットできる

というもの。

えー、そんなバカな。と思う方も多いと思います。

ダイエットとはつらく苦しいもの。
ストイックに頑張らなければ、やせるはずがない。
いや、頑張ったってなかなかやせられないよ。

そんな声が聞こえてきそうです。

それが。
このダイエット法でやせられた、という事例がたくさん載ってるんですねえ。

 

人は「セルフイメージ」以上の自分にはなれない

人間はみずから描いた「セルフイメージ」に沿って行動しているそうです。

「私はデブ」と思えば、「デブ」らしく食べ過ぎ、運動もせずダラダラ。
「やっぱりダイエットは失敗する」と思えば、その通り失敗。

それを逆手にとるのが「イメージングダイエット」なのです。

「藤原紀香みたいなボディになる!!」
そう決めたら、紀香ボディになった自分を想像してニヤニヤする。
「紀香ボディ+自分の顔」のコラージュを作ると、よりイメージしやすいですね。

ここで、「このくらいならできそうだな」という妥協した目標を立ててはダメ。
誰かに聞かれたら笑われちゃうと思っても、本気で憧れる姿をイメージする。
背丈が違おうが顔の大きさが違おうが、そんなの関係ねぇ! なんです。

本気で憧れワクワクしないと、イメージの力を引き出すことができないのです。

 

なぜ効果があるの?

「私は紀香ボディになる」と思うだけで、なぜダイエット効果があるのか。

それは、そう思っていると、
「紀香ボディ」の人にふさわしい行動をとるようになるからなんです。

紀香はダラっと座らない。背筋をピンとさせている。
紀香は食べ放題で「もとを取ろう」と思わない。
紀香はエスカレーターに乗らず、階段を使う。
紀香はダラダラポテチを食べない。
紀香は毎日軽く運動する……。

そんな風に意識が「藤原紀香」になっていくのです。
本物の藤原紀香がポテチ食べるかどうかはどうだっていいのです。
自分の中の「ステキな紀香」と同じ行動をとれるようになるのが重要なのです。

 

小さなYES!を積み重ねていく

あこがれのイメージを思い描き、自分がその理想に少しでも近づいたら。
小さくガッツポーズをして「YES!」と言いましょう。

今日はエスカレーターでなく階段を使ってた。
ランチをおなか一杯食べなかった。
おやつを食べたいと思わなかった。
500グラムやせてた。

大きな事でなく、見逃しそうな小さいことをたくさん見つけるのがポイント。
500グラム減量なんて、気のせいかと見過ごしてしまいそうですが。
それでも「YES!」

人間は、「探したいものを見つけやすくなる」という習性があります。
「やっぱりダメだ」と思えば、「ダメな点」ばかり見つけて落ち込んでしまう。
逆に、小さいことでも「成功したこと」にフォーカスすると、たくさんの「成功」が見つかり気分もUPする。

小さい成功体験を積み重ねて
「私、うまくいってる!」
と自分を上手にのせてあげるのが重要です。

 

ダイエットだけでなく、すべてに応用できる

これって、「引き寄せの法則」と同じですよね。

「すでに理想の自分になっている」と思って生活していると、その通りの自分になっていく。

仕事で成功している自分
お金持ちの自分
好きなことをして楽しく生活している自分

ダメな点にフォーカスするのではなく、
「うまくいってる自分」を想像し、それにふさわしい行動をする。
イメージの力を上手に使って、ボディも人生も思い通りにしたいですね。

私が読んだ本はもう絶版になっているのかな?
同じ著者が出しているCDがあったので、こちらをご紹介しておきます。

イメージング ダイエット 聴くだけでやせるCDブック
ジョイ石井 マガジンハウス 2004-08-26
売り上げランキング : 53390

by ヨメレバ

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です