オバサンになったからこそ分かる。人それぞれちがう「ムダな時間」

こんにちは。ぴよちゃんです。
ビデオ

プライムビデオを全然活用していない私

そう。私、Kindleを買ったときに、プライム会員になっているんです。

月に一冊無料で本を読める他、プライムビデオのサービスも始まりました。
 →アマゾンのプライム会員の特典が、ずいぶん充実してきた!

観たい映画がいっぱいあったので、
「なんてお得なんだ!」と感激していたんですが……。

じつは、まだ一回も観ていないんですね。
子どもたちが「ゲームセンター 嵐」観たくらい。
(なぜその選択をしたのかナゾ)

すごくおとくなサービスなのに、どうして活用できていないのでしょうか。

私にとって、映像を観る時間は「ムダ」

考えてみると……。

私は子どもの頃から
「テレビを集中して観る」
ということがあまりなかったのです。

今でも、家事をしながらテレビを観ることはあっても、
「座ってテレビだけを観る」ということはめったにありません。

なにか、時間を浪費しているような気になってしまうんですね。
そわそわして、落ち着いて座っていられないの。

同じ理由で、私はゲームもやりません。
ゲームしている時間が「もったいない」と思ってしまう。

「テレビやゲームに費やす時間があったら、自分を高めるべき!!」
なんて、高潔なことを思っている訳ではないんです。

しょっちゅうダラダラネットを見ていたりしますからね。
人によっては「ネット見てる方が時間がもったいない」と思うでしょう。

ではなぜ、ネットは良くてテレビやゲームはダメなのか。

たぶん、私にとっては

「文字を読む」ことが重要で、「映像を観る」のは優先順位が低い

んでしょうね。

なにか理由があるわけではなくて。
単にそういうタイプの人間だ、ということです。

これは人それぞれで
「活字はなくても平気だけど、ゲームは最高の息抜き」
って人もいれば、
「映画のない人生なんて考えられない!」
っていう人もいると思います。

音楽も聴かない

映像以上に、私にとって優先順位が低いのが「音楽」です。
若い頃は好きなアーティストもいましたが、最近はまったく聴きません。

いや、若いころだって、本当に好きで聴いていたのかアヤシイもんです。

若いころって、「音楽を聴かない」というと、
「イケてない人」扱いされがちじゃないですか。
だから、周りについていこうと、聴いていた面もあるのかも。

音楽を聴くと、心がかき乱されるんですよ。
創作などをするなら、そのかき乱された状態でやるといいのかもしれません。

でも、日常生活であまり心をかみだされては困る。
だから、音楽は避けて通っていますね。
夫が音楽を聴いていると、耳栓してるくらいです。

でも、ダンスの映像や音楽はOKなんです。
なんせ、踊るの大好きですから(笑)
テレビやパソコンの前に陣取って、ひたすらリピートしています。
 →年末までに絶対やりたい! 私の大いなる野望

昔から、私が体感的に感じてきたことですが……。
映画と音楽の好きな人は、見えないカーストの上位にいる感じがしますね。
なんかそれだけで「すごい」と一目置かれます。
若いころはなおさら。

逆に、映画も音楽も興味ない、という私のような人は、変人扱いされがち(笑)

オバサンになったからこそ自分に発見がある

こうやって改めて、自分の趣味趣向を振り返ってみると面白いですね。

若いころは「変な人だと思われたくない」と無理して他人に合わせていたことも、「やっぱ私、興味ないわ」とはっきりきっぱりわかってきました。

オバサン同士では「昨日のドラマ観た?」とか「この人のライブ行こうよ」って話が出ないのでほんと楽。

私、若いころ、テレビや芸能人や音楽の話が苦痛だったんだな。
なんてことを、今になってしみじみ思います。
オバサンになってよかった。

まあでも、一回くらいはプライムビデオ観てみようかな。
たぶん、本を読みながらとかになりそうですが(笑)
ダンスのビデオがあったら、喜んで観るんだけどな~。

あ、プリキュアは上半身だけならだいぶ踊れるようになってきました。
がんばるぞー!!

参加しています↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

banner_22

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です