オバサンが化粧品を買うときは、美容カウンターを利用せよ

こんにちは。ぴよちゃんです。
化粧品

久々にアイシャドーを買いました

今日は久々に街へ出て、化粧品を買ってきました。
いつもアイシャドーと口紅はオルビスで購入しています。

いつもベージュ系のアイシャドーを買っていますが、今日は売り場で「オリーブトーン」という色を見つけました。

いつもと違う色を買うのって、けっこう勇気がいります。
似合わなかった場合、せっかく買ってもお蔵入りになってしまいますもんね。

そんなとき、オバサンは美容カウンターを利用する

オリーブとベージュを両手に持ち「うーん」とうなっていると、店員さんが声をかけてくれました。

「よろしかったら、お試しされますか?」

ここで、オバサンはすかさず答えるのです。

「あら、そう? じゃあ、お願いしようかしら」

来店している他の若い人たちは、誰も美容カウンターを利用していません。
だがしかし。
オバサンはちゃっかりメイクしてもらうのです。

若い頃は恥ずかしくて、化粧品屋でメイクしてもらうなんてできませんでした。
が、今はオバサン。あつかましくやってもらえるようになりました。

まだフルメイクしてもらう度胸はありませんけどね(笑)
買う予定のものだけやってもらいました。

こうやって購入前に試させてもらえば、
「やっぱり似合わなかった」という悲劇が防げます。
せっかくうきうきして買ったものなのに、がっかりするのは悲しいですもんね。

それに、美容部員さんにメイクしてもらえば、イマドキのメイク方法を知ることができます。

オバサンは若い頃と同じメイクをしがち。
その頃とは骨格も違うし、流行も変わっているのです。
いつまでも若い頃と同じメイクだと、痛々しいことになるかもしれません。

今日も、
「ふむふむ。そうやってアイシャドー塗るんだな」
と密かにチェックしながらやってもらいました。

化粧してもらっているオバサンがいると、若い人たちも安心して入りやすいようで……。
私が入店した後は、お客さんがいっぱい入ってきましたよ。

客寄せパンダ的な役割もしているのです。
オバサンは堂々と美容カウンターを利用しましょう(笑)

参加しています↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

banner_22

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • おおー。のぶえさんも美容カウンター利用されてるんですね!
    若くてキレイな美容部員さんが、優しく話しながらキレイにしてくれるので、ある意味セラピーになりますよね♪
    聞けば、メイク方法も教えてくれるし……。利用しない手はありませんよね。
    口紅三個似合わなかったって言うのはショックですね。
    やはり、ちゃんと美容カウンターでお試しするのが確実ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です