昼寝をするときに金縛りに遭わない方法

こんにちは。ぴよちゃんです。

まだインフルエンザの余波から完全に立ち直ってはおりません。
インフルエンザで寝込んでいるときあってよかった物

 

昼寝をしているときに金縛りに遭いやすい体質です

まだインフルエンザから完全に立ち直っていないのか、咳は出るし体がだるい。

 

昼寝してしまうと夜眠れなくなる体質なので、いつもは昼寝をしないのですが……。
今日はだるくてしかたなく、一時間だけ昼寝をしました。

 

「夜眠れなくなる」ということ以外にも、私が昼寝をめったにしない理由があります。
それは

 

金縛りにあうから

 

この状態を「金縛り」っていうのかよくわからないのですが、
起きたくても起きることができず、すごく苦しい思いをするのです。

 

苦しいし怖いし。
もがいてもがいてようやく起きられたときには、ぐったり疲れています。

 

苦しんだり疲れたりするくらいなら、昼寝なんてしない方がいい。
なので、よっぽど疲れていないかぎり、昼寝はしない主義です。

 

昼寝の達人、うちの夫に教えてもらった金縛りに遭わない方法

私とは逆に、うちの夫はよく昼寝をします。
どれだけ昼寝しても、夜ぐっすり眠れるんだって。うらやましい!!

 

夫に金縛りのことを相談してみたところ
「俺も昔はよくそういうことあったよ」
とのこと。

 

でも、ある方法を試すようになってから、金縛りはなくなったそうです。

 

それは……。

タオルで目を覆って寝る

 

夫の考察では
「昼はまわりが明るいせいで、体と脳の眠りのリズムが狂うのではないか」

 

なので、まぶたを通して光が入ってこないように、目を覆って寝るのがいいんだそうな。

もちろん、タオルではなくちゃんとしたアイマスクでもいいし、そのあたりに脱ぎ捨てた服の袖でもOK。

 

それを聞いてから、昼寝をするとき目にタオルをかけて寝るようにしたら……。

金縛りに遭うことなく、よく眠りすっきり目覚めるようになりました。

 

昼寝時の金縛りに困っている方、「目の上にタオル」をお試しあれ。

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です