ごはんを作るのが面倒なときは、放置料理でいこう

こんにちは。ぴよちゃんです。

毎日のように言ってる気がしますが、ご飯の準備って面倒ですね。

 

ズボラ主婦は放置料理に限る

私は仕事に出ている訳ではないので、なんとか重い腰をあげて毎日料理は作っておりますが……。

いやもう、ほんと、面倒なときは面倒なのです。

 

だからといって、お弁当やお総菜ばかりでは、お金もかかるしなんだかわびしい。

 

そんなときは、放置料理に限ります。

そんなわけで、今日は煮豚をつくりました。
P2150031
ちょっと煮詰めすぎたか……? 煮汁が濃いな。まあいいや。

 

材料は

ぶたのかたまり肉
ニンニク
ショウガ
砂糖
みりん
しょうゆ

みりん、酒、しょうゆ、水は同量(各100ccくらい)にするといいみたいですが、私はテキトーに。
神様が「ここでストップ」という量入れています。

やる気がないときは、計量するのもめんどくさいんです。

でも、いいかげんにやっても、だいたい失敗しません。
ニンニクとショウガは、もちろんチューブでOK。

 

煮豚や角煮っていうと手間がかかりそうですが、圧力鍋を使うと簡単。

うちはアサヒ軽金属工業の「活力なべ」なので、蒸気が出たら高圧15分でできあがりです。

 

あとは圧が抜けるのを待って、煮詰めて完了。
放置して味がしみるのを待つだけ。

 

圧力鍋さえあれば、ズボラでも生きていける

料理上級者にしか使えないイメージがある圧力鍋。
でも、圧力鍋はむしろズボラ向け、料理が苦手な人向けだと思っています。

 

お肉はもちろん、イワシなんか頭とワタだけとって、調味料と一緒に圧力鍋かければ、あっという間に一品出来ちゃいますからね。

 

カレーやシチューも時短でできるし。

 

さあ、そこのズボラさん。
すぐに圧力鍋を買いましょう!!(笑)

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です