ディスポーザーが壊れた!! 業者を呼ぶ前にこれを試してみよう

こんにちは。ぴよちゃんです。

昨日、キッチンの「生ゴミディスポーザー」が壊れました。

 

ディスポーザーが壊れた原因は

うちのマンションには、「ディスポーザー」がついています。

生ゴミを中に入れると、ガーっと粉砕して流してくれる設備です。
夏なんて、くさい生ゴミを保管しておかずに済むので、とても助かります。

 

しかし。
晩ごはんを食べ終えて、生ゴミをディスポーザーにかけようとしたら、動かない。

スイッチが入る「ピー」って音もしない。

 

マンションに入居してから11年。ついに故障してしまったか……。

 

原因はおそらく、私が熱い油を少量流してしまったためだと思われます。

 

以前、同じマンションの方が「熱い油を流したら壊れた」と言っているのを聞いていたのに。

朝、次女のお弁当を作るとき、ベーコンを炒めたばかりの熱い油をちょろっと流しちゃったんです。

 

ほんの少量とはいえ、熱い油を直接流してしまったのが敗因かと……。
みなさんも、ティスポーザーには熱い油を流さないようにね!!

 

業者を呼ぶ前に試してみるべきこと

ディスポーザーを直すのにいくらかかるんだ?

 

調べてみると、5~7万円かかるらしい。

部品を替えるだけなら5万円、全取っ替えなら7万円ってかんじ。
ひー。痛すぎる出費です。

 

運良く、部品交換せずに直ったとしても、業者を呼んだら出張料で何千円かはかかってしまう。

でも、ディスポーザーがないと不便だしなあ。

 

そんなことを思っていると……。

 

「リセットボタンを押したら直った」

 

という情報があるではありませんか。

 

さっそく取説を見てみると、うちのディスポーザーにもリセットボタンがついていました。
夫に頼んで押してもらうと。

 

ぶじ、ディスポーザーが動きました!!

 

みなさんも、ディスポーザーが動かなくなったら、リセットボタン押してみてください。
もしかしたら直るかもしれませんよ。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です