アンティーク風ガラス&明治っぽい紙物の作り方

こんにちは。ぴよちゃん(マノヒロミ)です。
フォトスタイリングの課題に向け、少しずつ作っていたものが完成しました。
いろいろ工作中♪

ガラスをアンティーク加工していました

DSCF9084_R
そうなんです。
この新品の試験管を、アンティーク加工していたのです。

 

まず、試験管を紙やすりでこすり……。
DSCF9085_R

白いペンキを薄めたものにドボン。
一晩おきました。
DSCF9092_R

コルクは、靴用のクリームをこすりつけて汚しました。
DSCF9088_R
茶色のクリームを使いたかったのだけれど、めったに使わないのでふたが開かず(汗)
仕方がないので、黒のクリームで汚しました。
DSCF9089_R
コーヒーで染め、グリルで焼いたラベルをつけて完成。
試験管の中の綿も、コーヒーで染めています。
試験管はもうちょっと汚したほうがよかったな。
もっと白くして古そうに見せよう。

明治っぽいフォントを探してきてラベルと本を作りました。
Oradano明朝フォント

明治の活字って、味があってステキですよね。
DSCF9124
物が多いからスタイリングが難しいな。
これは、ただのたたき台。だいぶ違った写真になると思います。
DSCF9123
脇役のつもりで作った蛍石の方が写真に撮るといい感じかも。
DSCF9129
あ、でも写真がゆがんでる。
ちゃんと三脚たてなかったのと、しっかりセットを作らなかったのが敗因でしょう。
壁も砂壁かコンクリートうちっぱなしの壁がいいな。

 

フォトスタイリングの準1級も受講することにしたので、がんばりまーす。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です