梅干しやカリカリ梅を食品保存袋で漬けるときに注意すること

こんにちは。ぴよちゃん(マノヒロミ)です。
カリカリ梅が完成しました~。

食品保存袋で漬けるときの注意点

うちは狭くて漬け物樽など置けないので、梅干しもカリカリ梅もジップロック風の保存袋で漬けました。

 

でも、これが失敗。
安物の袋でジッパー部分が一重だったせいか、液漏れしちゃったのです。
カリカリ梅2
念のために、保存袋の外にポリ袋を重ねていてよかった。

 

どうも、袋の継ぎ目部分から漏れてるみたいなんですよね……。
ジッパー部分からもしみ出していたので、この袋はあまり漬け物向けではなかったのかも。

 

じつは、梅干しとして漬けている南高梅の袋も液が漏れ始めています。
うーん。こまったな。梅雨明けで干すまでまだまだ日にちがあるのに。

もし、保存袋で梅干しを干してみようと考えている方がいらっしゃったら、
ちゃんとした二重のジップロックを買うことをオススメします!!

完成品はこちら~

カリカリ梅1
小梅ではないのですが、けっこういい感じになりました。

 

これ、中まで液を浸透させるために、種のまわりにぐるりと包丁で切り込みを入れています。
ちゃんと中まで赤く染まっていて一安心。

 

でも、ちょっと味が苦いというか渋いというか……。
もう少し放置したら、まろやかな味になるのかな??

 

もう少し冷蔵庫で寝かせてみようと思います!!

 

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です