妊婦さんや小さい子のママには風邪をうつさないでね

こんにちは。ぴよちゃん(マノヒロミ)です。
この記事を見て、深く頷きまくり。

中でも共感したのが……。

「薬飲めないから、どうか風邪うつさないでください」

私も妊娠中に風邪引いて薬飲めず、ひどい咳が半月くらい続いて眠れない日々を送ったのですよ。

けっきょく、咳による睡眠不足で消耗が激しく、そっちの方が問題だってことで医者に薬を出されました。
妊娠初期だったので、赤ちゃんへの影響が心配でたまりませんでした。

 

次女は先天性股関節脱臼の病気持ち。
次女の受けた手術 ソルター骨切り

これは遺伝のせいであって薬のせいではないと思いますが、
病気が発覚したときには「もしかして薬飲んだせいなんじゃ……?」と自分を責めましたね。

 

風邪引いてる人はなにも考えずに他人に向かって咳やくしゃみをしているかもしれませんが、
妊婦さんを精神的・身体的に苦しめないためにも、風邪をうつさないように気を遣ってあげてください。

 

そして、子どもを産んだ後も、子どもやお母さんが病気になると地獄が待っているのです。

 

「会社員だって、風邪ひいても仕事休めないよ」

 

と言われるかもしれませんが、苦しみの度合いが違います。
会社員は家に帰れば朝まで眠ることができるけれど、
小さい子のママは昼はもちろん夜も眠れませんからね。

 

赤ちゃんの調子が悪いと、泣きわめいたりぐずったりして、一晩中だっこでゆらゆらしたり。
吐いたら洗濯したり、着替えさせたり。
熱が高ければ子どもに座薬入れたり。

体調悪いのに、自分は横にもなれず、一晩中動き回って世話しないといけなくて、ほんと地獄。
「塗炭(とたん)の苦しみとはこのことか」と思いましたからね。

 

妻子が病気になると
「うつされたら仕事に差し障りが出る」
と、他の部屋に避難するのに、
自分が病気になると「家族の愛」を求めて妻子のそばに寄ってきたりする男性がいますが。
これ、ほんっと迷惑だからやめてくださいね。

 

ママと赤ちゃんが風邪引くと、死ぬんじゃないかと思うほどつらいのです。

近頃、「マタニティマーク」を「幸せアピールだ」なんて、嫉妬する風潮がありますが……。

 

とんでもない!!

 

妊娠はたしかに幸せな事だけれど、体調は最悪なんですよ。
妊娠初期なんて、二日酔い状態が1~2ヶ月以上続くようなものですからね。
毎日二日酔いが続くなんて耐えられないでしょ??

 

というわけで、妊婦さんに危害を加えたり、
「妊娠は病気じゃない」なんて、イジワルしないであげてくださいね。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です