夏の子連れの遊びは公営プールが最強

こんにちは。ぴよちゃん(マノヒロミ)です。
今日は、高校時代の友人たちと、子連れでプールに行ってきました。

サンフロッグ春日井がすごく良かった

今日は友人の車に乗せてもらい、春日井市の「サンフロッグ春日井」に行ってきました。

名古屋で面白いプールに行こうというと、
ナガシマのジャンボ海水プールとかラグーナとかモリコロパークとかですかね。

でも、けっこういいお値段だし、混雑するし……。
子連れのアラフォー(もうすぐアラフィフ)にはつらいものがあります。

 

で、今回は友人が見つけてくれた「サンフロッグ春日井」にいくことに。

このプール、25メートルプール、幼児用プール、2基のウォータースライダー、流水プールがあります。
それで、お値段は大人500円、中学生以下200円、保護者1人につき未就学児は1人は無料。
時間制限もありません。
観光地のプールに比べて、かなりリーズナブルです。

室内なので日焼けしないし、温水だから体も冷えないし、浮き輪やビート板も無料で貸してもらえます。
浮き輪は大人が使える大きい物と、幼児用の小さい物がありました。
数も十分なので、「借りられない」ということはありませんでしたよ。

 

ウォータースライダーは身長120㎝以上だったので、残念ながら次女は滑れませんでした。
長女いわく「ディズニーランドのスプラッシュマウンテンみたいで面白かった」そうです。

 公営プール、最高!!

公営のプールはお値段も安いし、観光地のプールほど混んでいないので、子連れのレジャーにはぴったりですね。

あまりにも混雑しているプールだと、場所取りも熾烈だし、迷子の心配もあるし、芋洗い状態で消耗するだけのこともありますし……。

そういう観光地の有名なプールは、子どもが中学生、高校生になったらお友達と一緒に勝手に行ってもらうとして。

小学生くらいの間は公営のプールで十分な気がします。

 

子ども同士でキャッキャとはしゃぎながら、流水プールでぐるぐるながされていて、とても楽しそうでした。
ふつうの25メートルプールでも
「今度は○メートル泳ぐから見てて!!」
なんて、いろいろチャレンジして楽しんでいましたからね。

子どもも楽しく、お金もかからず、親も消耗せずいいことづくめ。

名古屋周辺はけっこう公営プールがたくさんあるので、帰省中あちこち泳ぎに行こうとおもいます!

サンフロッグ春日井

開館時間

平日   13:00~20:30
土日祝日 10:00~20:30

夏休み期間(7/21~8/31)
平日   10:00~20:30
土日祝日 9:00~20:30

利用料金

大人        500円
小人(中学生以下)   200円
シルバー優待    200円

 

 

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です