車がなくてもキャンプはできる。アウトドア初心者にもぴったりのキャンプ場に行ってきました

こんにちは。ぴよちゃん(マノヒロミ)です。
土日を使って、キャンプに行ってきました。
行ってきたのは、奥多摩の「氷川キャンプ場」です。
土曜日は雨でしたが、楽しくキャンプできましたよ~。

車がなくてもキャンプはできる!

ここ近年、キャンプに行く人が増えていますよね。
私のまわりでも、キャンプデビューしてはまる人が続出。
なかには毎週のようにキャンプに行く人も。

「自然がきもちいい!」
「夏も涼しくて快適」
「自然の中でのんびりできて最高!!」

そんな話を聞くと、うらやましくてたまりません。

でも、うち、車がないんですよねえ。
車を持っていたとしても、運転できるのは私だけ。
しかも、私は夜眠りが浅いたちで、枕が変わるとぜんぜん眠れないんです。
寝不足で運転するなんて、危なすぎる……。

でも。
おととし、電車で行けるキャンプ場を見つけたのです。
→「キャンプに行ってきました

そう。奥多摩。

都心から電車で2時間半ほどでついてしまうのです。
おととしは「アメリカキャンプ村」で、今年は「氷川キャンプ場」

アメリカキャンプ村は奥多摩駅から送迎バスかタクシーで行きますが、
氷川キャンプ場は駅から徒歩10分ほどでついてしまいます。
荷物を抱えていても余裕です!

氷川キャンプ場は手ぶらで行ける

わが家はキャンプ初心者な上、車も持っていないので、キャンプ用品はなにも持っていません。
あるとすれば、防災用のランタンくらい?
テントもコンロも持っていません。

でも、アメリカキャンプ村も氷川キャンプ場も、バンガローやロッジがあるので、テントは必要ありません。

うちが泊まったのは小さいバンガロー。(写真取り忘れた……)
公式サイトの「バンガロータイプ」の右の写真が、うちの泊まったバンガローです。
ほんと小さくて、中は二段ベッドになっていました。

氷川キャンプ場003_R
窓からの風景。
斜面の上に建っているので、他の客からのぞかれることもありません。

お値段も安くて、一棟一泊5500円でした。

布団も貸し出ししてくれるので、寝袋も必要なし。
布団は掛け敷きそれぞれ400円ずつです。

ただ、敷き布団が薄いので、腰痛持ちの人はエアマットなどを持っていった方がいいかも。

キャンプといえばバーベキュー。
バーベキュー用品も、網や鉄板、木炭、薪はもちろん、
鍋や包丁などもぜんぶ貸してもらえます。

予約すれば、食材も1人1550円で提供してもらえます。
ほんとに手ぶらでOKですね。

ちなみに、奥多摩駅近くにお肉屋さんなどもあるので、奥多摩に着いてから食材を買っても大丈夫です。

うちは、材料をぜんぶ自宅で切って持ち込んだので、網の貸し出し、木炭、着火剤、うちわを購入しました。
氷川キャンプ場004_R

網が500円、木炭が1200円。
うちわと着火剤で300円だったかな。

屋根付きのバーベキューハウスが何棟かあるので、雨でも濡れずに食事ができました。

最終的にかかったお金は……。
バンガロー、布団4組、バーベキュー用品など、すべてひっくるめて10700円でした。

アメリカキャンプ村は、一番安い「ツリーハウス」が繁忙期で22000円だったので、
氷川キャンプ場の方がだいぶ安上がり。
アメリカキャンプ村の方がきれいだけどね。

近くには温泉もあるよ

キャンプ慣れしていない人にとって、お風呂やシャワーも気になりますよね。
汗でベタベタした体のまま寝るのはツラいです。

氷川キャンプ場は、徒歩10分くらいのところに、「もえぎの湯」という温泉があります。
通常は大人780円、小学生410円ですが、割引クーポンを印刷して行くと100円引きに。

私は、たまたま氷川キャンプ場の警備員さんに割引券をいただいたので、1人140円ほど安くなりました。
ダメ元でキャンプ場のスタッフさんに聞いてみてもいいかも。

もえぎの湯は、露天風呂もあって気持ちよかったですよ。

初心者も安心してキャンプできます!

そんなわけで。
初心者でも、奥多摩ならば楽しくキャンプをすることができますよ。
キャンプデビューしたい人、車を持っていないひとにオススメです♪

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です