元ギフト売り場担当が教える、簡単ラッピング方法

こんにちは。マノヒロミ(ぴよちゃん)です。
流通業界に勤めていた頃、寝具担当だった私。
寝具部門には「タオル」が含まれていて、毎日ギフト用タオルを包装していました。

来月はクリスマス。
誰でも簡単にできるラッピング方法をお教えします!

 まずはラッピングペーパーを用意

ラッピングペーパーは、箱にあった大きさのものを選ぶのが大事。
ラッピングペーパーの大きさが適切か、確認する方法は以下の通りです。
ラッピング003_R
ラッピングペーパーの左上に、裏向きに箱をおきます。
ラッピング001_R
左上の部分を折り曲げてみて、箱の角が隠れるようならOK。

次に、箱の位置を動かさず、そのまま立てます。
ラッピングペーパーの左上から右下に向けて、箱を転がしていくイメージで。
ラッピング002_R
箱の角がラッピングペーパーの内側に来ていればOK。

さらに箱を転がします。
ラッピング004_R
ラッピングペーパーの右下部分を折り曲げてみて、この程度箱の角が隠れるならOK。

このとき、箱の右下角がラッピングペーパーからはみ出しますが、それが正しい状態です。
逆に右下角がはみ出していない場合は、ラッピングペーパーが大きすぎということ。

上の3つのうち、ひとつでも角がはみ出してしまう場合は、もう少し大きいラッピングペーパーが必要です。

大きすぎる場合もきれいに包む事ができないので、余分な部分は切って使いましょう。

 包みまーす

1.ラッピングペーパーの右下に箱を置いた状態からスタート。
ラッピング004_R

2.角の部分のペーパーを折り込みます。
ラッピング005_R
ラッピング006_R
セロハンテープで留めます
(写真ではわかりやすいようにマスキングテープを使っています)
ラッピング007_R

2.箱の左上角の部分を折り込みます。
ラッピング008_R
ラッピング009_R
少し紙を内側に入れ込み……。
箱を回転させます。
ラッピング010_R
余った紙と、箱の辺が一直線になるよう、紙を上手いこと内側に入れ込みます。
ラッピング011_R

3.次は、箱の右下角を折っていきます。
ラッピング012_R
白線の辺とまっすぐ平行になるように、紙を折り込みます。
ラッピング014_R
テープで留めます。
ラッピング016_R

4.最後の部分を折ります。
ラッピング020_R
この茶色の部分はどのくらい折り曲げるかというと……。
完成したときに、白い点線の部分が緩やかにつながるように調整して折ってください。ラッピング021_R
テープで留めたら完成です!
ラッピング023_R
リボンを結べば、立派なプレゼントラッピングに。
ラッピング026_R
最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れてしまえば箱をコロコロ転がすだけでできてしまいます。

クリスマスには、自分でラッピングしたプレゼントを渡せますよ~。

 

参加しています↓

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です