加湿器のピンクぬめりをすっきりと取る方法

こんにちは。マノヒロミ(ぴよちゃん)です。
冬は乾燥して、のどが痛くなっちゃいますよね……。

 加湿器にピンクぬめりがつくと使う気がなくなる

鉄筋コンクリートのマンションは、特に乾燥がひどい。
加湿器を使っているお宅も多いかと思います。

わが家も超音波式の加湿器を使っています。
うちのはこれ。

ミストボックスという超音波式加湿器です。
四角くて転がりにくいし、上半分がタンクになっていて、余分なカバーがないのがいい。

超音波式の加湿器は熱くならないので、子どもがいる家庭にはぴったりなのですが、
ひとつだけ困ったことが。

それは……。

ピンクぬめり

ピンクカビとも言われますね。
これ、「ロドトルラ」といって、酵母菌の一種なのです。

毎朝しっかり水を抜いて、乾かしてもダメ。
いつの間にか、ピンクぬめりがついちゃうんですよね。

ピンクぬめりがついてしまうと、もう加湿器を使う気がなくなります。
なんか、汚いものをまき散らしているような気になっちゃうんですよね……。

 ピンクぬめりを安全にきれいに取る方法

塩素系漂白剤をつかえば、この手のぬめりは取れますが、
加湿器に塩素系漂白剤は怖いですよね……。
体にすごく悪そうな感じ。

でも。
去年、このピンクぬめりを取る方法を発見したのです。

それは、これを入れて加湿器を稼働すること。

次亜塩素酸水です。
これ、水と塩から作られているそうで、人体にも無害。

加湿器に入れる場合は、10倍に希釈して使います。
(超音波加湿器でないと使用できません)

ピンクぬめりがついた加湿器に、この「@クリア」を入れて、普通に加湿すると……。
加湿器のピンクぬめり2
この通り、ピンクぬめりが取れました。
まっしろ~。
黒い部分まで、なんか白っぽくなっちゃってるけど(汗)

インフルエンザやノロウィルスの季節、除菌にも使えるので一石二鳥。
お値段も2000mlで1000円ととても買いやすいお値段なので、
ひとつ用意しておくことをオススメします。

結局大掃除は、換気扇やらトイレの念入り掃除とかできてないんですが……(汗)
加湿器がきれいになったので、すっきりした気持ちで年を越せそうです。

今年も、ブログを読んでくださり、ありがとうございます。
それでは、よいお年をおむかえください♪

 

参加しています↓

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です