女性は出かけるときにサングラスをかけよ

センスがなくても! お金をかけなくても!
簡単・プチプラで豊かな暮らしをおくりたい。

暮らしのプチプラスタイリスト&文筆家・マノヒロミです。

 

「女」ってだけで生きづらい

女性は何歳になっても、「女」ってだけで生きづらいな、と思うことがあります。

 

たとえば道を歩いているとき。

 

向こうから男の人が歩いてきて

「このまままっすぐ進むとぶつかる」

そんなシーンで、よけるのはたいてい女性の方ではないでしょうか。

 

私は、よく道を聞かれるタイプ。

良く言えば温厚で優しそうに見える。

悪く言えば舐められやすい雰囲気をしている訳です。

 

なので、雑踏で向かいからオジサンの集団が歩いてくると、絶対道をあけてもらえません。

オジサンの集団が去るまで、たいていその場で止まって道を譲ることになります。

 

朝の混雑した駅などでは、まっすぐ歩くことができず、イライラすることもよくありました。

 

 

サングラスをかけたら生活しやすくなった

夏になり、目が老化した「女の古」の私には日差しがキツイ。

そんなわけで、最近は常にサングラスをかけています。

 

こういう「オーバーグラス」なら、メガネっ娘(古)でもサングラスがかけられますよ~。

 

 

日差しから目を守るためにかけているサングラスなのですが……。

 

意外な副産物があり、おかげで人混みを歩くときのストレスが激減しました。

 

そう、サングラスをかけて混雑した場所を歩いていると、相手の方がよけてくれるのです。

 

サングラスなしのときは絶対よけてくれないオジサンたちも、100%道をあけてくれます。

よけるよけない以前に、私の進路に人が入ってこない。
モーゼ状態。

 

立ち止まったりよけたりするストレスもなく、まっすぐに進みたい方向に歩くことができます。

 

サングラス効果はテキメン!

これ、あきらかに「サングラス効果」ですよね。

 

加えて、最近は黒のロングカーディガンを着ていることが多い。

怖そうな中年女に見えるのだと思います。

ぶつかったらすごまれそうだと考え、よけてくれるのでしょう(笑)

 

電車でも、ぶしつけにジロジロ見てくるじいさんが、ひとりやふたりいるものですが……。

サングラスをかけていると誰も視線を向けてきません。

 

いやもう、ほんと楽ちん!!

 

いらんストレスを感じることがないので、ぜひ女性にはサングラスをオススメしたいです。

特に、子連れのママさんはまわりから舐められやすいので、ぜひサングラスをかけて出かけてください!

 

「怖い女」を装おう

チカンなどの性被害に遭った人に対して、

「露出の多い服を着ていたんだろう」

なんて、女性の方に責任があるかのように言う人がいて驚くのですが……。

 

チカンは、露出度の高い女性ではなく、気が弱そうな女性を狙っているのです。

むしろ、露出度の高い服を着た気の強そうな女性は、あまり狙われないんですよね。

 

なので、被害を無くすためにも、「気が強そう」に見せるのが大事だな、と思っています。

 

  • サングラスをかける
  • 電車に乗るとき、まわりをにらみつけてから乗る
  • 「触ったらぶん殴る」という勢いで、お尻のあたりでバシッと手を振り下ろす

 

とにかく、「この人になにかしたらエライ目に遭いそうだ」と思わせるのがポイント。

 

女は女ってだけで生きづらい。

「怖い女」のふりをして、ストレスを少しでも減らしましょう♪

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です