魚焼きグリルでプラバンはできるのか??

こんにちは。ぴよちゃんです。

むかーし、私が子供のころに流行った「プラバン」

薄いプラスチックの板に、マジックなどで絵を描き、
オーブントースターで焼くと板が縮まるアレです。

また、最近大人の間で流行ってるみたいですね。
この間は、雑誌で特集しているの見たし。

先日、ハンドメイド好きのママ友に、
プラバンを教えてもらってきた長女。
うちでもやりたい、というのだけれど、
うちはほら、グリルでパン焼いてるくらいだから
オーブントースターがないんですよねえ。

ネットで調べてみると、
「グリルではできない」という意見が大半でしたが、
チャレンジしてみました。

まずは、アルミホイルをくしゃくしゃにして、
グリルに入れます。

ぷら1

そんでもって、その上に絵を描いたプラバンを置き、点火!

ぷら2

グリルを少し開けた状態で様子を見ながら……。

ぷら3

縮んできた、縮んできた。

ぷら4 ぷら5

キッチンペーパーの上に乗せて、
重しでぎゅっと押したらできあがり。

プラバン

ちゃんとできました~。

うちには油性ペンが何色もないので、
今回はプラバンをやすりでこすってから
色鉛筆で描きました。

触ると色落ちするので、マニキュアでコートするといいかも。

というわけで、グリルでプラバン、ちゃんとできます!!

オーブントースターのない人も、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

【追記 2017.8.15】

その後、両面焼きの魚焼きグリルがついたコンロに買い替えをしました。

両面焼きでもできるかな、と試してみたところ、ちゃんと上のやり方で作ることができましたよ~。

 

火力の設定は、上下とも「弱」設定で作りました。ご参考までに。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください