過炭酸ナトリウムでくつの漬け置き

こんにちは。ぴよちゃんです。

雑誌などで最近よく見るようになった「過炭酸ナトリウム」
すっかり「セスキ炭酸ソーダ」にはまった私は、「また新しい物が出たのね♪」と小躍りしたのですが
なんのこたあない。酸素系漂白剤のことだったんですね。

うちは洗濯の時、柔軟剤を使わず、
液体の酸素系漂白剤を使っていました。
それを、粉末の過炭酸ナトリウムに変えました。

靴を一晩漬け置きすると!!

私のアイデアではなく、有名なお掃除ブロガーさんの方法です。
一晩、過炭酸ナトリウムを入れたお湯に靴を浸しておくと……。
P1140009
ちょっとこするだけで、ゴムの部分がとてもきれいになります。
この靴、かなり履きこんでいるのですが、靴底部分がすごくきれいになりました。

上履きも、甲の部分のゴムや、靴底が真っ白になります。
靴の中の部分は、期待してたほどはきれいにはならないかな。

ズボラは風呂のお湯を使えばいいのだ!!

以前の記事
にも書きましたが、酸素系漂白剤の効果が出るのは40℃以上。
蛇口からきれいなお湯を張るのが正統派なのでしょうが。

いいの、いいの。ちょうど湯船のお湯が40℃くらいなんだから♪

バケツでザバーッっと湯船からお湯をくんで、靴をつっこみ、
漂白剤をテキトーにパッパ(私は小さじ3杯くらい)

翌朝、洗濯のついでにささーっと洗って完了です。
力入れてこすらなくてもよくなったから、楽ちん、楽ちん。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください