エネルギー回復のためには、絶対寝る前に冷やしちゃダメ

こんにちは。ぴよちゃんです。

バイタリティの低い人間にとって、睡眠は重要!
長時間、良質の睡眠をとれないと、
次の日には廃人同様になってしまいます。

でも、この時期は、ちょっとでも体が冷えると
なかなか寝付けないんですよね。
そこで、最近やっている体を冷やさない方法をご紹介します。

 

  • お風呂は寝る前に入る

夕食の前に入る人も多いと思いますが、うちは夕食後に入ります。
しっかり湯船に使って体を芯まで温めます。

体をふくタオルも、お風呂のドアにかけておいて、
浴室内で体を拭いてから出るようにすると、脱衣所で体が冷えません。

  • パジャマの上から防寒

パジャマの上からダウンベストを着て、暖パンをはきます。
両方ユニクロでございます。
特に下半身の熱を逃さないのが秘訣です。

  • 風呂上りすぐに靴下をはく

足先が冷えてしまうと絶対眠れないので、靴下は最重要。
できればスキー用の靴下などをはき、
さらにスリッパをはくと完璧です。

  • 夜更かしせずさっさと寝る

せっかく体が温まっても、夜更かしして冷えてしまったら元も子もない。
ぽかぽかしているうちにさっさと寝て、朝早起きしたほうがいいです。

私の場合、暖パン&靴下&スリッパを着用するようになってから、
劇的に睡眠の質が良くなりました。

寝る前に体を冷やさないだけで、次の日もバイタリティを維持できます。
眠れない、という方は試してみてくださいね。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください