ズボラはちょこまか動くな。なるべく動かず家事をするべし!!

こんにちは。ぴよちゃんです。

シャキ奥さまの家事は見ていて気持ちがいい。
鍋でお湯を沸かしている間にちゃちゃっと他の材料を切り、
食材に火を入れている間に、ささっと洗濯物取り込んだり……。

本当に、手際が良くてうらやましい限りです。

しかし。
ズボラ主婦、ダラ主婦が、
シャキ奥に憧れてちゃきちゃき動こうとしてもムダです。

鍋に火をかけながら他のことをしようものなら、
すっかりそのことを忘れて鍋を焦がしてしまうだけ。

たとえ鍋を焦がさなくても、家の中をちょろちょろしているうちに
頭がこんがらがって、無駄にエネルギーを消耗するだけなのです。

かくいう私も、シャキ奥の手際の良さに憧れて、
「このスキマ時間にほかの家事を……」なんてちょろちょろ動いていましたが……。
結局、すべてが中途半端になったり、とちゅうで疲れて嫌気がさしたり。

そもそも、シャキ奥とズボラ主婦は、
バイタリティも、脳の構造・キャパシティも違うのです。
同じように動こうとしても、ムリムリ。ムリなのだ!!

そんな訳で、私はなるべくその場をうごかないように
家事をすることにしました。

料理を始めたら、絶対キッチンから出ない。
他のことをやるにしても、皿洗いや片付けをするだけ。
台所以外の家事はしない。

洗濯物を畳むときは、全部たたみ終わるまで、
どっしり座って絶対に立たない。

要するに「動線をごちゃごちゃさせない」ってことですが、
「動線」なんていうと、
システマティックで小難しいことを考えないといけないような気分になるので(笑)
シンプルに

「その場を動かず家事をする」

と考えて家事をするようにしています。

ちまちま動き回っていたころよりも、
疲れないし、家事の進みもスムーズになったと思います。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください