ズボラ主婦は、確定申告でも手を抜いて還付してもらう

こんにちは。ぴよちゃんです。

確定申告の季節がやってきましたね。
うちも、自分の分と夫の分(というか家族の分?)の申告書を作りました。

夫名義の分は、医療費控除の申請です。
うち、医療費高いんです。

夫婦二人だけの時も高かったですが、
長女の医療費助成がなくなってから、グンと上がっちゃってね……。
今年は13万円超えました。

主婦雑誌の家計診断などで
「医療費3000円/月」なんて書いてあると、
嘘だろー!?と思ってしまいます。
だって、一回医者に行くだけで、診察代と薬代で3000円超えるよね??
みんな、あんまり病院に行かないのかな?

来年度は、次女が遠い遠い病院に転院したので、
さらに医療費が上がる予定。
病院までの交通費も申請できるから、しっかり申請します。

自分名義の方は、少額ですがライター収入があるので、その申請。
出版社からの原稿料は、すでに源泉徴収されているので、
還付してもらいます。
悲しいかな、納税できるほど稼いでないのでね。ううう。

で。
ズボラ主婦は、もちろん確定申告もズボります。

といっても、申告しないとうちの場合自分が損するだけなので、
「ズボって申告しない」というのはナシです。
あ、納税しないといけない場合も、
脱税になっちゃうので、ちゃんとやらないとね。

私の場合、特別な手続きはなく、
わざわざ税務署に出向く必要もないので、
自宅のパソコンで書類を作成します。

国税庁のホームページで簡単に作成できます。
→今年の確定申告特集はこちら

言われたとおりに入力していけば、
きちんとした書類になってプリントアウトされます。
ハンコ押して、源泉徴収票や医療費の明細などと一緒に封筒に入れ、
税務署に郵送するだけ。

管轄の税務署の住所までちゃんとプリントアウトされるから、
違う税務署に送っちゃうこともありません。

こうすることで、インフルが猛威を振るっているこの時期に、
ゲキコミの税務署に行く手間が省けます。
時間も労力も交通費も節約です。

「プロに手伝ってもらわんとさっぱりわからんわい」という方は、
市区町村の役所で、確定申告の相談会がないかチェックしてみてください。
自治体の広報誌やホームページに、いつ相談会があるか書いてあると思います。
税務署よりは、かなーりすいているのでオススメです。

そして。重要なのは。

申告した書類の控えやコピーを一年間手元に取っておくこと。

一年に一度のことですから、翌年にはやり方を忘れています。
「原稿料って、どこに記入するんだっけ~??」ってことになるわけです。

でも、前年度の控えが残っていれば
「そうそう。ここに記入するんだった」とすぐに思い出せるんですね。
国税庁のホームページで作成すれば、データを保存しておくこともできますよ。

来年もズボるために、ちょっとだけ手間をかけておきましょう。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください