補助輪なし自転車の練習。親が教えなくても自然に上達する方法

こんにちは。ぴよちゃんです。

今日、5歳の次女が、補助輪なしの自転車に乗れるようになりました。

じつは春くらいからずっと、補助輪なしの練習をしていました。
だいぶいい線いっていたのですが、いかんせん本人にあまりやる気がない。

転ぶのを恐れて「絶対手を離さないで!」と言ったり。
すぐに疲れて「もうやらない」とあきらめたり。
秋くらいからは自転車への興味を失って、ずっと放置状態でした。

一生懸命コツを教えたり、自転車を支えながら暑い中を走り回ったのに……。

ところが。
後から自転車を買った幼稚園のお友達が、続々と補助輪なしに乗れるようになり。
次女も負けん気に火がついたのか、今日突然練習を始めました。

そして、ものの数分で支えなくても自分で乗れるように。
難しい「こぎ始め」も、すぐにできるようになりました。
汗だくで一緒に走った日々はなんだったの!? というくらいあっさり。

なぜこんなにすぐに乗れるようになったのか。

それは……。

子供同士で教えあったから。

なんですね。
自転車は親が教えるより、子供同士で教えあった方が上達が早いのです。

そういえば長女も、先に乗れるようになったお友達にコツを聞いて、乗れるようになりました。
子どものことは子どもが一番わかっている。
自分の直近の体験を教えてくれるから、教えてもらった子も飲み込みが早いんですね。

次女も、お友達や学校から帰ってきた長女に教えてもらって、あっという間に乗れるようになりました。
その間、私は「すごい、すごい!」なんてほめていただけです。

あと、「体ができてきた」というのも大きいかもしれません。
ちょっと背が伸びただけで、格段にペダルがこぎやすくなるみたいです。

1.あせらず背が伸びるのを待ち
2.お友達に教えてもらう

というのが、自転車上達の近道です。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください