もうすぐピカピカの一年生。小学校入学準備でよかったと思うこと。ちょっと後悔してること

こんにちは。ぴよちゃんです。

うちの幼稚園では今週卒園式があります。
年長さんも、春休みが終わればピカピカの一年生ですね。

手提げや上履き入れなどの布もの。文房具。
一年生は準備するものがたくさんあって、お母さんも大変です。

うちの2年生の娘が入学するときのことを思い出しつつ。
準備するもののことなどを書いてみようかと思います。

1.したじきは大きめのものがいい

うちはB4のしたじきを買ったのですが、これがとても使いにくいらしい。
そんなこと言われても、したじきなんて、B4サイズしかないんじゃないの?
なんて思ったら、あるんですね、A4サイズのしたじきが。

低学年のうちは、使っているうちにしたじきがずれてきて、ノートに穴開けちゃったりするみたい。
副教材の大きさがA4だったりもします。
なので、したじきはA4サイズを買いましょう。

2. 折り紙いれはケースじゃない方がいい

折り紙を入れる専用ケースがありますが、これをお道具箱に入れると、他のものが入れづらくなるみたいです。
うちの娘もいつの間にか、折り紙ケースの中に別のものを入れるようになりました。
なので、折り紙はファスナー付のジップロックに入れてあげるのがオススメ。

3.お名前はんこがあると便利

以前も書きましたが、一年生は「さんすうセット」など、ちまちましたものが多いです。
なので、油性のスタンプとお名前はんこがあると便利。
幼稚園や保育園でもらえるかもしれないので、捨てずにとっておきましょう。

4.上履きはビニール製がいい

足が蒸れやすい子は布製の方がいいかもしれませんが、そうでなければビニール製がオススメ。
なぜかというと。

小学校って、びっくりするくらい上履きが汚れるからです。

うちはビニール製ですが、甲のゴムの部分を毎週真っ黒にして帰ってきます。
布製だったら、全体が真っ黒になっていることでしょう。

小学校って、子どもたちが掃除するから、汚れが取り切れてないんでしょうね。

5.給食袋やナプキンは5組用意せよ

うちの小学校は、給食袋にナプキン、マスク、ハンカチを入れていきます。
毎日持ち帰ってくるものなのに、なぜ5組も用意しなければならないかというと。

学校に忘れてくるからです。

うちのダラ娘は当然のこと、しっかり者のお子さんもけっこう忘れてきます。
スペアがないと、 次の日学校に置きっぱなしのナプキンで食べるハメになります。

5組あれば週末にまとめてアイロンがけできるので、ママも楽ちんです。

いま思い浮かぶのはこのくらいかな?
また思い出したら書きますね~。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください