3.11東日本大震災とその後の備え

こんにちは。ぴよちゃんです。
今日で東日本大震災から4年です。

まずは、Yahoo!で「3.11」を検索してください。
1回の検索につき10円が、被災地に寄付されるそうです。

あれからもう4年。
あの時、長女が年少さんで、次女は1歳。
長女をお友達のおうちに預けて、病院に行こうとしていたところでした。

今まで経験したことのない揺れに心臓バクバク。
ついに関東大震災が起こったかと思いました。

甘かったですね。
実際は、とんでもない地震が、津波が、東北で起きていました。
津波による原発事故という、史上例を見ないような大事故も起きてしまいました。

関東の人たちに、地震の知識がほとんどないのにはびっくりした

私の実家は名古屋です。
「東海大地震が来る」とずーっと言われて育ったので、地震に対する心構えはある程度できていました。

さらに。
私は阪神淡路大震災の時、岐阜のイオン(当時はジャスコ)に勤めていました。
岐阜もかなり揺れたし、若い男性社員が被災地に応援に向かいました。
神戸港がやられたため物流がストップし、商品が店に入ってこなくなりました。

次に勤めた会社では、大学時代に神戸で被災したという人が何人かいて、体験談を聞いていました。

たまたま、震災の直前にこんな本も購入し読んでいました。

地震イツモノート―阪神・淡路大震災の被災者167人にきいたキモチの防災マニュアル
渥美 公秀 木楽舎 2007-04
売り上げランキング : 12264

by ヨメレバ

 

大地震は私にとって、けっこう身近な恐怖だったんですね。

でも、関東の人たちは、阪神淡路大震災の時は揺れを感じなかったそうで……。
「大変なことが起こった」とは思っても、どこか「対岸の火事」的な認識だったそうです。

本震の後、私の周辺の人は夫も含めすごくのんびりしていました。
「停電してるし、何をしていいかわからない」といった感じでした。

「早く、お鍋に水ためて!!」(阪神では水が止まって困ったと聞いていたので)
「すぐに食糧を買いにいくよ!!」 (物流がストップした自分の経験から)
「トイレは流しちゃダメ。拭いた紙はレジ袋に入れて!!」

本当は、停電時には水を出してはいけないそうだし、その後買い占め騒動が起こったことを考えると、私の取った行動は間違っていたのかもしれません。
ですが、みんな何も備えもなかったので、こうするしかなかった。

地震に対する知識は関東の人よりは多少あったものの、私も慌てて買い出しに行ったくらいだから、備えは十分ではなかったということですね。

 シンプルライフを目指してもいいけれど……

「今はなんでもすぐに手に入る時代。スーパーを自分のうちの冷蔵庫だと思って、在庫を持たない」
シンプルライフを推奨する人はそういうけれど、私は反対です。

食糧と防災用品に関しては、ある程度のストックを持たなければならない。
「シンプルライフ」は、被災したときに他人の食糧をもらっていい理由にはならないのです。

私は震災以来、米を5~10kg、水12L、缶詰は常にストックすることにしています。
(水はもっとストックが必要ですね)

懐中電灯は今確認したら電池が切れていました。
常にチェックしなければいけませんね。

通信手段は必須

私はスマホとガラケーの2台持ちをしています。
BIC SIMのスマホとワイモバイルのガラケーです。

震災の時、大手キャリアの携帯はつながりませんでしたが、私のウィルコム(現ワイモバイル)だけは普通にどこにでもつながりました。
PHSは基地局が多いし、利用者も少ないので、震災の時に強いです。
4年前、携帯がつながったことがとても心強かったので、ワイモバイルを持ち続けています。

停電でテレビを観られず、まったく情報が入ってこなかったことから、ワンセグの観られるスマホを選びました。
やはり、映像で情報を得ることができるのは大きいです。
電話ができなくても、ツイッターやLINEで連絡を取ることもできますしね。

節約も大切ですが、通信手段をいくつか持っておくことも大事だと思っています。

 子どもと防災について話さなければ

あれから4年たち、子どもたちも大きくなりました。

幼稚園に行っていた長女が小学生になり、家にいた次女は幼稚園に通っています。

子どもがいる家庭は、状況が年々変わっていきます。
日々、防災に関する知識をアップデートしていかないといけませんね。

今日の夕食の時にでも、子どもたちと避難場所などについて話そうと思います。

おわりに

今朝の新聞によれば。
行方不明の方が2584人。
非難している方が22万9000人もいらっしゃるそうです。
この先進国日本の中で、とてつもない人数だと思います。

この一年で、余震は737回もあったそうです。
4年前の震災を忘れず、油断をせず、子どもたちの安全のためにも語り継いでいかなければと思います。
「知らない」というのは怖いことです。

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です