「マーケット感覚を身につけよう」 ちきりん

こんにちは。ぴよちゃんです。

今日は小学校の卒業式です。
うちの子は卒業生ではありませんが、来賓として行ってきます!
他人様の卒業式なんてめったに出られるものではないから、楽しみです♪

さて。今日の読了本。

 

マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法
ちきりん ダイヤモンド社 2015-02-20
売り上げランキング : 67

by ヨメレバ

 

有名なブロガー、ちきりんさんの本です。

私に足りないのがこの「マーケット感覚」。
昔から「私には足りないものがある」と、ずーっともやもやしていたのですが……。
この本を読んで「そうだ、私に足りないのは『自信』と『スピード感』と『マーケット感覚』だ」とはっきりしました。

「自分には何のとりえもない」のではなく、「とりえに気づく能力がない」。

そうなんですよねー。
まだ名前もついてないような能力でも、世の中に売り出したら役に立つ事っていっぱいある。

たとえば、電車でどこの車両に乗れば乗り換えが楽になるか、という「乗り換え便利マップ」を作った、
株式会社ナビット」の社長の福井泰代さん。

誰もが「不便だな」と思いながら我慢していたことを、しっかり拾い上げて形にして世に出したところがすごい。
みんなが「石ころ」だと思い込んでたことを、宝石だと気付いて磨き上げたんですよね。

余談ですが、私以前勤めていた会社で、何度も 福井さんからの電話を取り次いでたんです!!
後から「乗り換え便利マップ」の方だったのか、と気づいてびっくりしました。

あとは、有名な「こんまり」さん。
誰もがやらなければならない「片づけ」に、上手に簡単なルールを作った。
義務である家事に、すごく上手に価値をつけたんだなー、と思います。

あとは、私に足りないものはスピード感。
私、「十分に準備してからでないと動けない」っていうタイプです。
ちきりんさんが「これではダメだ」という、何か学ぼうとすると「学校に行こう」「資格取ろう」と考えるタイプ。

学校で既存のことを教えてもらうのではなく、市場に飛び出していって、もまれて学ぶ大切さ。
失敗をどんどんしてそこから自分で学ぶ大切さ。

自分の足元に転がっているものをよく見て、見方を変えたり、誰かの役に立たないか考えてみる。

自分にも何かできるんじゃないか、いや、何かしなければならないと、勇気が湧いてくる本でした。

 

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください