ズボラは古着でウエスなんて作ろうとするな。どうせ作らず服塚を作るだけだ

こんにちは。ぴよちゃんです。

先ほどまで、近所の公園のフリマに行っていました。
寒いです。風邪ひきそう。

店主は長女。いらなくなったガラクタを売って、売り上げは数百円ありました。
ガラクタを金に変えるなんて、長女はなかなか商売上手です。私にはできません。
私はなんだか申しわけない気がしちゃって、安売りしちゃうんですよね。
なんつーか、私にはプライシングの能力と自信が足りないんでしょうな。

さて。
長女のガラクタと一緒に服を数点出していましたが、売れ残ってしまいました。
主婦雑誌や、丁寧な暮らしをしている人のブログを読むと、いらない服は……。

リサイクルに出す。
オークションなどで売る。
ウエスにして最後まで使い切る。

こんな感じて処理されていることが多いようです。
ステキです。資源を無駄にせず使い切るのはとっても大切。

でも、ズボラ……特に汚部屋に住むズボラには、そんな気力も体力も意欲もないのです。
丁寧な暮らしにあこがれ、ウエスを作るつもりで取っておいた服が……。
部屋のすみで、貝塚ならぬ「服塚」になっていないでしょうか?

そう。
リサイクルやオークションに出したり、ウエスを作るのって、実はとっても面倒なのです。
手間がとても多くて、処理能力の高い人にしかできない作業なのです。
ズボラにとってはハードルが高すぎる。

服塚を作って汚い部屋に住むくらいなら、さっさと捨ててしまいましょう。
ズボラはまず、汚部屋を脱出するべきなのです。
二次利用など考えず、どんどん捨てましょう。
丁寧な生活は、部屋がきれいになってから考えてもおそくはありません。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください