使っていないのに……。どうしてもどうしても断捨離できなかったものを復活させました。

こんにちは。ぴよちゃんです。

断捨離を続けていく中で、どうしても迷ってしまう時があります。
その一つが、この万年筆。

 

アウロラ オプティマ 万年筆 ブルー F(細字)
by カエレバ

アウロラオプティマの軸がブルーの万年筆です。ペン先はゴールド。
ちょっと調べていただければわかりますが、すんごい高いです。
私も5~6万くらい出して買いました。

しかも、ただの万年筆ではありません。
万年筆のプロに、私仕様にペン先を研いでもらったものです。
万年筆専門店フルハルター

どうして、そんなお高い万年筆を
しかも自分仕様に研いでもらったものを使っていなかったのか。

「そもそも、動機が良くなかった」と今では思います。
じつは同時、仕事で行き詰まっていて……。
それを打開するため、万年筆を買おうと思い立ったのです。

さらに、とちゅうでいろいろ気が変わったのも良くなかった。
最初は、評判が良くて人気の「ペリカン」の万年筆を買おうと思ってお店に行きました。
ペリカン スーベレーンM800だったかな?

Pelikan スーベレーン 万年筆 緑縞 M800 F(細字)
by カエレバ

でも、実際持ってみたところ、私には軸が太くて重かったのね。
それで、軽い物をいくつか出してもらって、気に入ったのがアウロラオプティマだったのです。
アウロラの方が細い字が書ける、というのも選んだポイントでした。
当時は細字が好きだったの。

メーカーだけでなく、色の選択でも、気が変わりました。
もともと欲しかったのは、緑か赤。
ペリカンでもアウロラでも、緑か赤にしようと思っていました。

ところが。
買いに行った当日はめちゃくちゃ暑い日でね。
つい、涼しげな青を選んでしまったんです。

帰り道にすでに大後悔。
今の私なら、すぐさま店に取って返して、色の変更を申し出る所ですが。
当時の私にはそれができなかった。
今でも、赤や緑のオプティマを見ると「きれいだなー」とうらやましくなりますよ。

そんなこんなで、ネガティブや後悔の象徴になってしまったこの万年筆。
10年近く、ほとんど使っていなかったんです。

でも最近、 フリクションボールペンを買ったことから、文具熱に火がつき。
万年筆を復活させることにしました。

長い間ほったらかしだったので、ちゃんと書けるのか心配でしたが、大丈夫でした。
P4150059

ちなみに、このインクも特注品です。
P4150058
本当は万年筆メーカーのインクじゃないといけないんだけどね。
セーラーの「
インク工房」で、自分好みの色をブレンドしてもらいました。
名前も自分でつけられるんですよ。なんてステキな企画だろう、と思います。
このブレンドの比率は登録されていて、また同じ色を注文することができます。

万年筆を見るたびに思い出してきたネガティブなもの。
10年近くたって年を取り、そういうものが気にならなくなってきました。
せっかく復活させた万年筆とインク、いっぱい使おうと思います。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください