読書日記が止まっていた! 一挙4連発

こんにちは。ぴよちゃんです。

読書日記書くのを忘れてたぜ。

最近の読了本。

注文の多い注文書 (単行本)
小川 洋子,クラフトエヴィング商會 筑摩書房 2014-01-23
売り上げランキング : 74148

by ヨメレバ

 

「注文の多い注文書」 小川洋子さんとクラフトエヴィング商會のコラボ!!
図書館で見つけた時はドキドキしました。
すごい豪華なコラボじゃないですか!
そういえば、「じつは、わたくしこういうものです」でも、「冷水塔守」役で小川さんが出てたんですよね。

川端康成の「たんぽぽ」
サリンジャーの「バナナフィッシュにうってつけの日」
など、五つの既存の物語から派生した「ないもの」。
それを、クラフトエヴィング商會に注文する、という話です。
「ないものあります」が、クラフトエヴィング商會の真骨頂だもんね。

稲垣足穂的な、幻想的な物語もさることながら。
クラフトエヴィング商會の作る「ないもの」たちの写真が、本当にステキです。
ダンシャリアンの私も、「欲しい」と所有欲をそそられます。

電子書籍が台頭してきた今日この頃ですが、この本は「紙で所有したい」と思わせます。
出版社は電子書籍に力を入れるのと同時に、こういう「物として所有したい本」を作るといいんじゃないかな。
紙とか装幀とかに、すっごーくこだわってさ。

今年の1~3月に、世田谷でクラフトエヴィング商會の展覧会をやってたんですね。
くそー!! なんで気づかなかったんだ、私!!

2冊目。

そうはいかない
佐野 洋子 小学館 2010-12-01
売り上げランキング : 242069

by ヨメレバ

 

「100万回生きたねこ」の佐野洋子さんの短編集です。

昔、新聞で連載していた佐野洋子さんのエッセイがとても面白かったので読んでみた本です。
短編って、感想を書くのが難しい……。というか、感想を抱くことからして難しい。

一番最初の、「貧乏だから、見栄を張ってサングラスのブランドのシールをはがさないおばさんの話」が、くすりと笑えておかしかったですねえ。
そんな「くすり」がたくさん詰まった本です。

3番目。

我が家の問題 (集英社文庫)
奥田 英朗 集英社 2014-06-25
売り上げランキング : 9626

by ヨメレバ

 

「我が家の問題」 奥田英朗さん。

次女入院中で気分が暗くなりがちなので
「エロ、グロ、殺人、医療もの、サスペンス、ミステリ、オカルト」系の本は避けています。
そうすると、男性作家の本がなかなか読めないんですよね。

同じ系統の本ばかりでは飽きるので、こちらを借りてみました。
いやー。読んでよかったです。エログロどころか、さわやかな、勇気の湧く本でした。

それぞれの家庭には、どこにでもあるような、それでいて当人たちにとっては大きい問題があります。

夫婦でわざわざケンカしてみたり。夫のお弁当を一生懸命作ることで悩みを昇華したり。
お友達や先生に夫婦のことをリサーチして回ったり。宇宙人のマネをしたり。
お母さんを東京マラソンに送り出したり。

その家庭それぞれのやり方で、問題を乗り越えていこうとする。
登場人物たちの悲哀や一生懸命さ。家族や親族に対するほんのりとした愛情。
疲れてギスギスした気持ちになっているとき、読むといい本だと思います。

4番目。

片付けない作家と西の天狗
笙野 頼子 河出書房新社 2004-06-18
売り上げランキング : 1072445

by ヨメレバ

 

純文学系の本はどうも苦手で。
借りてみたんですけど、やはりダメでした。

他に読みたい本もたくさんあるので、この本は途中でギブアップ。

今日はこんなところで。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください