うつ病になりたくない。5月も怖いけど私は9月が来るのが怖くてたまらない

こんにちは。ぴよちゃんです。

近所の公園でバラがきれいに咲き始めました。5月ですねえ。

今日、立て続けにうつ病や五月病に関する他の方のブログ記事を読みました。

ちきりんさん「性格改造の歴史
桃音さん「5月病の症状は主婦こそ気をつけよう! イライラした時の対策と予防するために私が実践していること

 

そう。5月といえば五月病の季節ですよ。

ゴールデンウィーク明け。
子どもは登園登校をしぶり、会社員は会社に行きたくなくなるのです。

 

五月病も怖いですが、私が個人的にもっとも恐れているのが、2015年9月。
そう、今年の9月が怖いのです。

 

なぜ今年の9月が怖いかというと……。

人生初のヒマな時期がやってくるから

です。

 

1.人生初のヒマが怖くてたまらない

今まで私はとても忙しく過ごしてきました。
学生時代はサークル活動に力を入れてて、あちこち飛び回っていました。
会社員時代は家で文筆業もしていて、Wワークでめちゃくちゃハードでした。

 

退職して結婚しても、職業訓練校に通ったり資格試験の勉強をしたり。
そうこうしているうちに長女が生まれ、夜も眠れないほどに。

次女が生まれて、先天性股関節脱臼が発覚して。
記憶がないほど多忙になりました。

 

次女が幼稚園に上がってヒマになるかと思いきや。
一年目は幼稚園の役員、二年目は小学校のPTA役員をやり、バタバタな毎日でした。

 

PTA役員はこの5月の広報紙発行で任期が切れます。
が、まだ次女が入院中なので、しばらくは病院通いが続きます。

 

次女が退院したら、しばらくは幼稚園への付き添いがあるでしょう。
夏休みに入れば、子どもたちが家にいるので、てんやわんやです。
たぶん、夏に次女の足の固定ピンを抜く手術があるので、また慌ただしくなるでしょう。

 

そして夏休み明けに……。
突然ぽっかりヒマがやってくるのです。
PTAもない。仕事もない。子どももいない。行くところもない。やることもない。
「私、何したらいいの?」と途方に暮れているわけです。

 

2.私はうつ病体質だと思っている

ちきりんさん同様、私も自分が「うつ病になりやすい人」だと思っています。

真面目、責任感が強い、内省的、心配性、ネガティブに考えがち、几帳面

ほんと、私そのものです。
几帳面だけは違うけどね。ズボラ主婦だから。

 

ネットや本にあふれる
「もっともっと努力を」「向上心を持て」
みたいなのを真に受けて苦しくなる人です。

 

「私は努力が足りない」「もっと自分を追い込まないと」と思ってしまう。

 

自分の性質もさることながら。
私はうつ病の人に囲まれて生活してるんですね。
→「介護は全力投球してはいけない。あなたにはあなたの人生がある

特に、実母と義母には自分の将来を見るようで恐怖を感じます。

 

二人とも専業主婦で、育児や介護など他人の世話で人生を過ごしてきて。
特に趣味もなく、人間関係を面倒がって、あまり外を出歩かない人たちでした。
依存的な面もあり、夫や子どもに「なんとかして」と頼りきりなところもあります。

 

やばいな……。このままだと私も絶対こういう人間になる。
何とかしないと、と焦っています。

 

3.うつ病にならないために。9月からやろうと思うこと

このまま9月が来ちゃったら、家の中で悶々として、私も絶対うつ病になる。
今、恐怖でいっぱいです。

 

でも、おびえてばかりいては、ますますうつに。
むりにでも外に出る用事を作らなければ、と思っています。

私の9月以降のプランは……。

 

案1 仕事に出る
メリット  人に会える お金がもらえる
デメリット 忙しくなりすぎる 自分の時間がまったくなくなる

案2 趣味の習い事をする
メリット  人に会える 好きなことができてワクワクする
デメリット お金がかかる 「自分の稼いだお金じゃないのに」と悲観的になる

案3 在宅で仕事をしつつ習い事をする
メリット  人にも会えるし、好きなことができて楽しい
デメリット 忙しくなる 大した金額は稼げないっぽい

案4 ボランティアをする
メリット  人に会える 人の役に立つことができる
デメリット 忙しいけれどお金にならない

 

この4つのうちのどれかを選ぼうと思っています。
自分的に一番いいな、と思っているのが案3。
お金にはならないかもしれないけど、やってみたかったことにチャレンジしてみようかなと思っています。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

4 件のコメント

  • とっても分かります!!
    私も、ヒマな時期が耐えられません。。。
    去年は、娘が幼稚園に行っていたので、それなりに、毎日が
    忙しかったのですが(送り迎え、毎日のお弁当作り、帰りの公園遊び、係の仕事など)
    自分も適度に忙しい方が、充実してる感じがして、
    反対に、やる事がなく、ヒマな時が、ポカンと穴があいてしまうような気分です。
    子どもがもっと小さくて、毎日が本当に、忙しくて忙しくてしょうがない時は
    「あ〜早く楽になりたいな」なんて思っていたのですが、今思うと
    あの頃って、充実していたんだって思います。
    子どもも、2人とも小学校にあがったし、
    少し時間ができるようになってきたから、
    仕事にでたりするのがいいのかも〜と思うようになってきました。
    子どもの事を考えると、迷ったりする事もあり
    仕事を得るにも、大変だろうなとも思うのですが
    躊躇していたら見つからないだろうから、色々なところにあたっていなかないと
    いけないんだろうなって。。ぴよちゃんのこの文章読んでいたら
    同じように考えていらしゃる方っているんだなって。。
    子どもの世話や家事だけでなく、趣味とか仕事、役員など
    そういう事に目を向けるって、きっと
    大事な事ですよね。。

  • のぶえさん、コメントありがとうございます。
    石川さんかな??
    やっぱり、子どもが全員学校に上がってしまうと退屈なんですね。
    「子どもが病気になった時に困るな」なんて思うと、仕事に出るのも躊躇してしまいますが、小さなことにとらわれずに「エイヤ!」と飛び出していくのがいいのでしょうね。
    ほんと、子どもに手がかかる時期は「早く大きくならないかな」と思っていましたが、大きくなったらなったらで寂しいものですね。
    足して二で割れればちょうどいいのに~。
    知らないおばあちゃんたちが「今が一番いい時期ね」なんて声をかけてきた意味が今頃わかりました。充実してましたよね。
    お互い、子ども以外に生きがいを見つけて頑張りましょう☆

  • そうです〜♪私です。
    名前だけだったので、分かりづらかったですよね。
    仕事はしたいけど、子どもの事を考えると、ホント迷いますよね。。
    独身の時は、自分の事だけ考えて仕事をしてたけど、
    今度は、家族の事も考えないといけないような。。
    周りのママも、同じような事で迷ったりしてるんだと思います。
    子どもが大きくなれば、外にでるのも安心だけど、今度は、自分が
    歳をとってしまうし。。なかなか難しいですよね。
    「今が一番いい時期ね〜」って声かけてきた意味、ホント
    そうですよね!!納得です。
    スローペースですが、ゆっくりと
    子ども以外の生きがいをみつけていこうと思います☆☆
    お互い、がんばりましょ〜☆

  • のぶえさん、コメントありがとうございます。
    間違ってたらどうしようかと思った~(笑)
    そうなんですよね。独身の頃は好きなようにやってたけど、母親になるとなかなかそうもいかないですね。
    体力が落ちて何もかもが面倒になる前に、仕事や趣味で夢中になれるものを見つけたいな、と思っています。
    一緒に頑張りましょう☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください