【書評】「遊佐家の四週間」「選挙トトカルチョ」

こんにちは。ぴよちゃんです。

またまた読んだ本がたまってる。
読むのは好きだけど、感想や書評を書くのは苦手です。

遊佐家の四週間
朝倉かすみ 祥伝社 2014-07-24
売り上げランキング : 461288

by ヨメレバ

 

「遊佐家の四週間」 朝倉かすみさんです。
アメリカのホームドラマのような幸せ家族・遊佐家。
そこへ、美しく完璧な母・羽衣子の友人で、奇怪な容貌のみえ子がやってきます。

ブスで仕事も葬儀場の売店のパート。
一見パッとしないみえ子が、遊佐家のメンバーと打ち解け、家族一人ひとりが変化していく。
その変化は各人にとって望ましいものだったが、羽衣子が築いてきた物を壊すことでもあった。

パッとしない女みえ子が、嫉妬から幸せな家族を壊しに来る話かと思いきや……。
そうではないところが面白かったです。まあ、壊すは壊すんだけど。違った方向にね。
女の友情のねじ曲がり具合、家族それぞれの心情が絶妙に絡み合っています。

ひとつだけ解せなかったのが、みえ子が何を考えているか、いまいちわからなかったこと。
みえ子自身なにか思うところがあったのか。
それともあまり深い意図を持たず、遊佐家の触媒のような役割をナチュラルにしているのか。

お次は。

選挙トトカルチョ (双葉文庫)
佐野 洋 双葉社 2010-12-15
売り上げランキング : 611835

by ヨメレバ

 

「選挙トトカルチョ」 佐野洋さんの短編集です。

最初の話を読んで驚愕。私、この本読んだことあるわ!
すっかり忘れて、また借りてきちゃった。
話の設定だけは覚えていましたが、内容はきれいに忘れていたので、また新鮮な気持ちで楽しく読みました(笑)

いろいろな不思議な能力と、その能力に関係する本が出ててくる、という形で構成された短編集です。
作中の本は、作者がその話の着想を得た本なのかな。

「不思議な能力」といっても、最初の短編の「血のにおいを敏感に感じ取る男の子」だけが本物の能力で、他の短編に出てくる不思議な能力は、すべて裏があります。
その裏のある不思議な能力をなぜ出さなければならなかったのか。
そこに、この短編集の面白さがありました。

あー、やっぱり書評は苦手。 うまくまとめられないや。

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください