「パンツ見せて」と言われたので……。

こんにちは。ぴよちゃんです。

変なタイトルですいません。

先天性股関節脱臼の手術で入院中の次女。
次女の受けたソルターという手術の後は、足を保護するために装具をつけます。
「スコティッシュライト」という装具です。

 

どっかに画像がないかなーと検索したところ、なんか、フリーメーソンばかりヒットするんですが?
「スコティッシュライト」というフリーメーソン関連の病院があるらしいので、そこで考案された装具なのでしょうか。

 

この装具は、お風呂の時間以外、24時間装着します。(病院の方針や本人の状態にもよります)
トイレの時にもはずせません。
そんなわけで、装具期用のおパンツを4枚縫いました。

 

先日、同室のママさん(娘さんが別の股関節の病気)に、「次女ちゃんのパンツ見せて」と言われました。
このブログにも「ソルター 服」で検索してくださっている方がちらほらいらっしゃるので、パンツについてシェアしようと思います。

BlogPaint
まずは、上の写真の赤い部分のゴムを、グサグサと本体に縫い付けます。
BlogPaint
この赤い部分をカットします。
P4140054
最初にゴムと本体を縫い付けてあるので、この部分を切ってもゴムは固定されています。
P4140055
切ったところに、ほつれ防止処理をします。
私はジャージ補修布というのを使いました。

念のため、補修布を貼ったところを手縫いで補強し、ホックをつけて出来上がり~。
P5110090
マジックテープだと、肌に当たってチクチクしてしまうので、ホックの方がいいそうです。
うちの近所の手芸店ではこのホックしか売ってなかったけど、もう少し大きい物がつけ外ししやすいでしょう。
さらにいえば、赤ちゃんのロンパースについているようなホックの方が、当たりがソフトでいいと思います。

これで、装具をつけたままでもトイレに行けます。
なんせまだ、本人がギプスの殻の中にいるので、試着ができていませんが……。

また、装具用の服装についてシェアしていきますね。

【追記】
股関節脱臼に関するサイトを作りました。
次女の治療を通して経験したこと、困ったこと、その解決法などをまとめました。
ぜひ、ごらんください。
股関節脱臼.com

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください