子どもの入院を通じて再確認。「母」という仕事は代わりがきかない大切な仕事

こんにちは。ぴよちゃんです。

世界のママさんたち、今日もお疲れ様です。

お母さん、とくに専業主婦は、いろいろな面で自信をなくしがちです。

お金を稼いでいない。
完璧な家事ができてるわけじゃない。
怒ってばかりで子育てにも自信がない。

私もそうです。
お金も稼いでいないし、ズボラ主婦だし。
子どもに関しても、最近は勉強も見てやっていないし、付きっきりで遊んでやるわけでもない。
イライラしては怒鳴り散らして、自己嫌悪する毎日です。

 

ただいま、次女入院中の我が家。
家事は必要最低限、長女は学校と学童と夫にお任せ。
お見舞いには行くけれど、次女は病院にお任せの状態です。

 

でも、次女の入院を通じて、「お母さんになれてよかったな」と感じることが増えました。

 

病院でご飯を食べながら、次女がよくこう言います。
「病院のごはんはおいしいけど、お母さんのシュウマイとハンバーグが食べたいなー」
帰るときには必ずハイタッチしながら言います。
「明日も、ぜったい、ぜったい来てね!」

 

家に帰れば長女が、学校での出来事をたくさんの事を話してくれます。
そして言います。
「私の話、お母さんに5時間くらい聞いてほしいな~」

 

子どもたちは、私ができていないことを責めているのではなく。
純粋に「お母さんにそばにいてほしい」と言ってくれているのです。

 

ごはんも作ってやれず、じっくりと相手をする時間もない。
お母さんらしいことは何もできない状態の今の私でも、

 

「お母さんがいい」

 

と慕ってくれるのです。ありがたいことです。ほんとうにありがたいです。

 

どんな仕事でも、「その人でなければダメ」という仕事はほとんどありません。
たいていの仕事は代わりがききます。

 

敏腕社長が突然入院したとしても、どうにか会社は回っていきます。
その作家でなければ書けない小説もあるでしょうが、なければ読者は他の作品を読むだけです。

 

でも、「お母さん」というのは、その「お母さん」でなければならないのです。
看護師さんや先生がどんなに優しくても。
隣のうちのママが、どんなに完璧なお母さんでも。

 

子どもにとっては、「自分のお母さん」が一番なんです。
他の人では代わりにならないのです。

 

とかく、自信を無くしがちな「お母さん」ですが、存在自体が代わりのきかない立派な仕事。
ここまで自分を慕ってくれる子どもがいる。
そんな家庭を築いてこられたことに、自信を持ちましょう。

 

本当に、「お母さん」になれたことに感謝、感謝です。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください