「郡上八幡ホテル積翠園」はジジババと孫と私、3代で泊まるのにぴったりでした。

こんにちは。ぴよちゃんです。

自宅に戻ってきたので、郡上八幡のホテルの事を書きますね。
→「ひるがの高原の後は、郡上八幡に宿泊。水の美しい古い町並みは私の第二の故郷

タイトルの通り、ジジババ、娘たち、私と3代でお泊りしました。
で、私たちが泊まったところはここ。
「郡上八幡ホテル積翠園」です。

お城がある山の中腹にあります。
徒歩で行くのはちょっときついので、車で行くのがオススメ。
公共交通機関で行く人は、ホテルに連絡すれば駅や町中まで迎えに来てくれます。

お部屋は全8室。
8室しかないのに、ロビーは広々。喫茶ラウンジもあって、ウェルカムドリンクサービスも。

お食事の部屋もたくさんあります。
お食事利用や宴会利用の人も多いのかな。

お部屋の写真を撮り忘れたので、楽天トラベルからお借りしました。
畳は写真より青々としていました。
うちと同じ、積水「美草」とみた。

部屋は広々。布団を5枚敷いても余裕でした。たぶん8枚くらいいけるな。

バス、トイレは別。洗面台もとっても広いです。
冷蔵庫やドレッサーもついていました。
お部屋に入るドアが内開きで、靴を脱ぐところがちょっと狭いのが難点かな。
貴重品ロッカーも6つありました。団体で泊まっても安心。

そしてお食事。
すごーくおいしかったのに、私の写真がイマイチすぎてすいません……。
(両親にはブログやってること内緒なので、こそこそ写真撮って失敗した)

しかも、写真とるの忘れて食べちゃうし。

まずは、次女の晩ごはん。お子様ランチ。旗は取った後。
これ、けっこうなボリュームなんです。

大人の前菜。
うおー。グラスに隠れて全然撮れてないし!

食前酒は郡上の濁り酒「やわかみ」
お酒は得意でない私ですが、飲みやすい。

小鉢 くるみかつお和え 荏胡麻豆腐
前菜 蕗味噌 松風焼 もろこし真丈 バイ貝酒蒸し 枝豆チーズ


半分以上食べてしまったけれど……(汗)

刺身 鮪 間八 いか、飛騨サーモン

「飛騨サーモン」っていうのね。すごく身が赤くてぷりぷりしてました。

焼き物 鮎の塩焼き 丸十の甘露煮

やっぱり、長良川の上流。鮎は外せないでしょう!!
「丸十」ってなにかと思ったら、サツマイモのことでした。
薩摩藩の紋が丸に十の字だから「丸十」ね。なるほど。


台の物 特選飛騨牛かがり火焼き

ちょっと、ちょっと。飛騨牛はどこに行ったの!?
……すいません。すでに私のお腹に入った後の写真でございます。
ブロガー失格。

飛騨牛は、ちょこっと表面を焼いただけで食べました。
霜降りあぶらがとろりと口の中でとろけて、大変おいしゅうございました。

揚げ物 海老の湯葉巻き
写真取り忘れ。どんだけがっついて食べてるんでしょうね、私。

 

山葵菜の雑炊。
ぴりっとしたわさびと出汁の味がじんわり。
辛口だけど、優しいお味でした。


デザートは、フルーツとケーキの盛り合わせ。

お腹いっぱい♪

そして、朝ごはん。

おしぼり片づけてから写真撮れ。

真ん中のお皿には郡上名物明宝ハムが。
明宝ハム、すごくおいしいんですよ。
うちの長女、加工肉が嫌いなのですが、明宝ハムはパクパク食べていました。

いちばん右の白い物は、こんにゃくのような湯葉のような謎の食材。
でも、とろりとのど越しがよくて、好きな味でした。

奥美濃や飛騨はこれよね。朴葉みそ。ご飯につけて食べると美味。


朝食でも鮎が。鮎の一夜干し。
あとは、味噌汁とコーヒーで終了。

私は、こういうお宿のごはんを食べるのが大好き。
器もきれいだし、ちょこちょこといろいろな物が出てきて楽しいですよね。

次にどこかに泊まりに行ったときには、ちゃんとご飯やお部屋の写真を撮るよう、気を付けます。

郡上の市街地からはちょっと距離がありますが、ゆったり過ごしたい人にオススメのホテルです。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください