10数えるうちに眠くなる。眠れぬ夜は「数息観」をやってみよう

こんにちは。ぴよちゃんです。

ストレスや悩み事で眠れない時ってありますよね。
バイタリティのない人間にとって、睡眠は最重要事項。
眠れなかった次の日は廃人になってしまいます。

私が最近やってみて効果があった方法「数息観(すそくかん)」をご紹介します。

 

話題の「4-7-8呼吸法」は私には合わなかった

最近話題になっているのが、「4-7-8呼吸法」というもの。
ハーバード大学出身の健康医学研究者、アンドルー・ワイルが提唱している方法です。

①口から完全に息を吐き出す(フーと音が出るくらいに)。
②口を閉じて鼻から4秒間吸い込む。
③息を7秒間止める。
8秒かけてゆっくりと口から息を吐き出す(フーと音が出るくらいに)。
                             (TABI LAVOより引用)

この呼吸法をすることで酸素が体中にいきわたり、心身がリラックスするのだそうな。

私もやってみたのですが、ちょっと合わなかったですね。
息を吸っている時間に対して、止めている時間と吐いている時間が長い。
リラックスどころか息が苦しいです。

自分のやりやすい秒数に変えてもいいらしいのですが……。
自己流にしちゃうと効果が薄れそうで試していません。
止めてる時間を減らしたら、リラックスできるのかな。今度やってみよう。

 

10数えるうちに眠れた。「数息観(すそくかん)」ってなに?

私がやって効果的だったのは「数息観(すそくかん)」という方法。

本当はこの「数息観」、座禅の時の呼吸法であって、安眠法ではありません
雑念を排除する「瞑想」と同じですね。
私が勝手に安眠法にアレンジしているだけです。
だから「インチキ瞑想」。禅寺から怒られそうだな。

やり方は簡単。
1~100まで数を数えながら、呼吸をするのです。
数え方は自由。「いち、に、さん」でも「ひとつ、ふたつ、みっつ」でもOK。

「いち」なら「いー」で息を吸って、「ちー」で吐く。
「ひとつ」なら「ひとー」とで息を吸って「つー」で吐く、という具合にゆっくり息をします。

吸う息と吐く息がだいたい同じ長さなので、私にとってはとてもやりやすいです。

この時、「数」だけに集中して、他の雑念を取り払います
……と言うのは簡単ですが、次々浮かんでくる雑念を考えないようにするのって難しいんですよね。
「考えちゃダメ」と思うほど、雑念の事を考えてしまうんですよねえ。

以前読んだ「始めよう。瞑想」と言う本に、
「雑念が浮かんできたら『後で考えよう』と棚上げしておくのがよい」
と書かれていましたが、この「数息観」でもそうやって雑念を棚上げするとやりやすいです。

でも、厳密に雑念を取り払わなくてもよいのです。
なぜなら、今回は「安眠法」としてやっているから。
「瞑想」や「座禅」ではないからOKなんです。

私もゆうべやりましたが。
10数える頃には雑念が夢と混じり合ってブワーっと立ち上ってきましたね。
夢と混じっているので、そのまま入眠です。

ちなみに「数息観」は座ってやるのが正式ですが、これは「安眠法」としてやっているので寝転んでやります。

 

瞑想としてやるのもおすすめ

私は勝手に安眠法として取り入れているので、正式な「数息観」とは言えません。

でも、瞑想じたい、頭がクリアになって悩みも晴れるので、正しい「数息観」を試してみてもいいのでは。
その時は、ちゃんと座禅を組み、雑念を追い払い、眠らないようにしましょう。

「眠っているようで起きている」と言う状態が、瞑想では大切だそうですよ。

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください