私は「○○ちゃんママ」じゃない? 呼び名でアイデンティティは揺らぎますか?

こんにちは。ぴよちゃんです。

昨日の記事に書いた通り、今日は「一太郎」をダウンロードしました。
命は有限。死ぬ前にやりたいことはやろうと切実に思った

一太郎2015 バージョンアップ版
by カエレバ

むかーし買った「一太郎」のシリアルナンバー等が残っていたので、バージョンアップ版で購入できました。
普通に買うよりだいぶ安いので、助かったわ。

 

「ユーザー名が独身時代のまま」は落ち着かない

一太郎を買ったのは十年以上昔の話。
そのときユーザー登録した後、結婚して姓が変わっています。
でも、バージョンアップ版なので、登録ユーザー名は旧姓のまま。

「クレジットカードと名義が違うけど、支払いできるのかな?」
心配でしたが、名前が違ってもカードで決済できました。

しかし、旧姓で登録されているのは、なんとなく落ち着かない。
名前が違っていると、何かあったときに手続きが面倒そうじゃないですか。

なので、「結婚したから名義変更したい」とメールしておきました。
できるといいな。

 

既婚女性、子持ち女性の名前の呼び方

そんなことがあって、ちょっと女性の「呼び方」について考えました。

よく既婚女性や子供のいる女性で、名前のことが取りざたされますよね。

「○○さんの奥さん」
「△△ちゃんママ」

そんな風に呼ばれると、夫や子どもの付属物のようでイヤだ。
自分のアイデンティティがなくなるようだ。

そういう風にいう女性も多いですね。

でも、私は気にしません。
むしろ
「そんなことでアイデンティティが無くなるか?」
と不思議に思っています。

仮に、私の名前を「山田花子(旧姓 綾小路)」
長女の名前を「さくら」、次女を「みどり」としますね。

ほかの人に「さくらちゃんママ」「みどりちゃんママ」と呼ばれても、
自分が「子供たちの付属物」だとは感じません。
「ママ友」として接しているから表面的なつきあい、という訳でもないしね。

ママ友として出会って仲良くしているお友達は「名字+さん」で呼び合っています。
「山田さん」「佐藤さん」とかね。
それが「他人行儀」だとは思いません。

独身時代のお友達は、私を旧姓の「綾小路さん」とか「綾ちゃん」と呼びます。
たまに「花子ちゃん」と呼ぶ人もいるけど、珍しい名字なので名字で呼ぶ人が多いですね。

私も友人たちを「田中さん」「たなちゃん」など、旧姓や昔のあだ名で呼びます。
だからといって、やはり私のアイデンティティは揺らがない。

大学時代は本名に関係ない「サークルネーム」で呼び合っていました。
私は「ちゃらちゃん」と呼ばれていたのですが、やはりアイデンティティは私のまま。

そのほかにも、小説家時代のペンネームもあれば、このブログの名義「ぴよちゃん」もあるわけです。

いろいろな呼ばれ方があるけれど、どう呼ばれても私は私。
呼び名くらいでアイデンティティは揺らぎません。
べつに「山田さんの奥さん」「さくらちゃんママ」でもまったくOK。

好きじゃない呼ばれ方もある

一方、好きじゃない呼び方もあるんです。

それは、「名前+ちゃん」。

子供の頃や独身時代から「花子ちゃん」と呼んでいた人に呼ばれるのはOK。

でも。
ママ友に「花子ちゃん」と呼ばれるのはちょっと抵抗があります。

「アラフォーのいい大人が『花子ちゃん』かよ~」
と思いますし、なにか「仲良しごっこ」をしているようで、むずがゆいんですね。

長女の時のお友達は「名字+さん」の人が大半なのですが、次女の学年は「名前+ちゃん」が多い。
これがあまり好きではないんですね。

「園庭で会ったら話す」程度のママをどう呼ぶかでも迷います。

他の人が「○○ちゃん」と呼んでいても、いきなり私がそう呼ぶのは違うよなー。
でも、「名字+さん」じゃ他人行儀だと思われるかなー。
「△△ちゃんママ」でいいかなー。
そう呼ばれるのがイヤな人だとめんどくさいなー。

そんな風に毎回困っております。

名前で呼び合ってないと、なにか「グループに入ってない」的な気持ちになりますしね。
べつに仲間外れにされている訳じゃなくても、「仲間とそうじゃない人」で振り分けられている気分になります。

次女の学年のママさんたちは若い人が多いからそう呼ぶのかな?
できれば、「名字+さん」で呼びたいです。

そんなわけで

呼び方でアイデンティティは揺らがないけれど、学生のノリはイヤだな、と思うのでした。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください