さむーい冬の夜に、ぐっすり安眠する方法

こんにちは。ぴよちゃんです。

冬は寒くてなかなか寝付けないときがありますよね。

今日は、寒い冬に安眠できる方法です。

 

お風呂の後、絶対に冷やさない

みなさんは、お風呂はいつ入っていますか?
寝る前? ばんごはんの前?

うちは、寝る前に入ることにしています。
冬はとくに、湯船にゆっくり入って、体を芯から温めます。

そして、安眠のためには、風呂上がりが大事!!

体をふいたら、すぐさま靴下をはいて、さらにスリッパを履く。

こうやって、体が冷えないようにすれば安眠間違いなし。

足先が冷えると、なかなか眠れません。
せっかくお風呂であたたまっても、一度冷えてしまうとなかなか回復しない。
だから、お風呂に入った後、ぜったい冷やさないのが大切です。

夜更かしせず、あたたまった体でさっさと寝てしまうのがいいですよ。
ぐっすり眠って早起きした方が、頭もクリアになって物事がはかどります。

さらに言うと、日中も冷えないように気をつけると完璧。
昼間も必ずスリッパを履く。

昼の間に冷えてしまうと、夜お風呂に入っても芯まであたたまるのに時間がかかりますからね。
今年は意識して昼間からスリッパを履くようにしたら、夜ぐっすり眠れています。

 

掛け布団の順番には気をつけて

体があたたかくても、布団の中が冷たければ意味がありません。

そこで、掛けぶとんを掛ける順番を確認してみましょう。

羊毛や化繊の掛けぶとんを使っている方は、
「体の上に毛布、その上にかけぶとん」
でOKです。

でも、羽毛布団を使っているひとは順番がちがうから注意。

「体の上に羽毛かけぶとん、その上に毛布」
または
「体の下に毛布、体の上に羽毛かけぶとん」
が正しいです。




羽毛はそれ自体があたたかいのではなく、体温を利用して温かくなります。
体の熱を外に逃がさず、ほわほわの毛の中で保温してくれるのです。
なので、体に羽毛が触れていないと、あまり意味がないんですね。

「羽毛布団つかってるのに寒い!」
という方は、掛ける順番を変えてみてくださいね。

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください