仏教的にもオススメ!? ハンドメイドで幸せになろう

こんにちは。ぴよちゃんです。

昨日はいちにち、次女の入学準備をしておりました。

 

仏教的にもおすすめ? ハンドメイドのすすめ

次女はもうすぐ一年生。
先日、学校説明会があり、入学準備に必要な物が出そろいました。

 

で、昨日は午前中筆箱などを買いに行き、午後からは袋物の製作を。

 

やり始めるまでは「はぁ、めんどくさいなあ」なんて思うんですが、始めちゃうととても楽しくなって、ブログもnoteも更新し忘れてしまいました(笑)

ぬのもの
作ったのは、てさげ、うわばき入れ、体操着袋、給食袋5枚。
あとは防災ずきんカバーを作ろうか市販品を買おうか迷っております。

 

私、そんなにハンドメイドが得意でも好きなわけでもないのですが。
やってる最中はわりと幸せな気分になるんですね。

 

これ、仏教的にもちゃんと理由があるんだそうですよ。

 

 幸せになるためには

ブログでも何度か紹介してる「貧乏入門」という本。

この本にも書いてあったのですが、幸せを感じるためには「単調作業」が効くのだそうです。

人間はなにかに集中した状態のとき、幸せを感じるようにできているんだって。

だから、仕事としては、接客業や営業などより、農業の方が幸せを感じやすいんだそうな。

 

同じ理由で、ハンドメイドも幸せを感じやすいんですね。

もちろん、難しいところや失敗しちゃった時はイライラしますが(汗)
ミシンでガーッと直線縫いしてるときなんて、確かに爽快ですもんね。

 

ちくちくひと針ひと針手縫いしていくのも、集中状態を作れるので幸福感が得られそうです。

 

敬遠しないでやってみよう

今の時代、市販品も売っているし、オーダーを受けてくれるところもあります。

働いていて時間がない、ハンドメイドに自信がない、という人はムリに手作りする必要はありません。

 

でも。
「集中状態をつくる」という意味では、ハンドメイドってすごく効果的。

始める前は面倒でも、作っている間にストレス解消になっているかもしれません。

 

子どもと生地を選ぶのも楽しいし、できあがった物を見て喜んでもらえると、ますます幸福感アップですよね。

 

外注もいいけれど。
下手でもいいんです。たまにはハンドメイドもオススメですよ。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です