幼稚園グッズを断捨離

こんにちは。ぴよちゃん(マノヒロミ)です。

昨日は次女の幼稚園の卒園式でした。

 

卒園したら入学準備として断捨離を

卒園式では、立派に証書をもらったり歌を歌ったり。
ポケーっと座っていた入園式を思い出すと、大きくなったなあ、と感動します。

三年間で、赤ちゃんから小学生になるんだもんね。
考えてみたらすごい成長だ。

 

さて。
卒園式がおわり、入学式を控えた今。
うちにはたくさんの物があふれております。

 

幼稚園で使っていた制服・体操着・お道具箱・防災ずきん。
今年度の制作物もたくさんあります。
卒園アルバムや卒園記念品ももらったしね。

 

卒園式の余韻もさめやらぬうちではありますが……。
今日から、幼稚園グッズを少しずつ処分していこうと思っています。

 

まずは今日、帽子を来年度入園の子に差し上げてきました。
制服と体操着もお嫁入り先が決まっています。
かばん類はバザーにだそうかな。

 

思い出にひたってしまい込んではダメ

楽しかった幼稚園のことを考えると、つい制服などを捨てるのが惜しくなります。
卒園式で感動したばかりのこの時期は、「思い出をのこしたい」と考えてしまいがち。

 

でも、幼稚園グッズを残しておいたとしても、取り出すことなんてほとんどないんですよね。

 

うち、次女の股関節脱臼の治療装具をまだ保管しているのです。
(医師に万が一を考えて捨てるな、と言われたので)

 

幼稚園の運動会もつけて出たり、いろいろな思い出の詰まった装具。
手術からリハビリまで、次女のがんばりの象徴なのです。

 

でも、装具を取り出して思い出に浸ることなんて、ぜんぜんないんですよね。
場所をとるし、またつけることになるのはイヤなので、できれば早く処分したいくらい

 

幼稚園グッズも、今は処分するのが惜しくても、そのうちジャマになる日が来るでしょう。
しまい込んでしまうと、存在を忘れてしまうし……。

 

なので、思い出が美しいうちに感謝して手放してしまおうと考えています。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください