よい面も悪い面も生まれつきの性格のせい。しつけが悪いからじゃない

こんにちは。ぴよちゃん(マノヒロミ)です。

兄弟姉妹でも、性格がまったく違いますね。

 

次女が小学生になってわかった姉妹の違い

この春で、次女が小学生になりました。
長女は4年生なので、うちには小学生が二人いることになります。

 

じつは今まで、長女の生活態度に困り果てておりました。
宿題をなかなかやらなかったり、学校からのプリントを出さなかったり。
何度注意しても、ランドセルは床(というか玄関)に置きっ放しだし……。

 

私のしつけが悪いのか。部屋の導線が悪いのか。
長女が入学してからの3年間、ひそかに悩んでおりました。

 

しかし。
一年生になった次女をみて「私、悪くないじゃん」と思いましたね。

 

次女は帰ってきたらすぐ、決まった場所にランドセルを置く。
お手紙は言われなくてもちゃんと出す。
次の日の支度は寝る前までにきちんとやる。

 

うちの学校は、家庭に一枚、上の子にだけに配られる「家庭数のプリント」があります。
今までは長女が出さない限り、プリントが配られたこと自体がわからなかったのですが……。

 

最近は、
「今日は家庭数のプリントがあるはずだよ」
と次女が教えてくれるので、長女に「プリントは?」と催促できるようになりました。

 

思えば、幼稚園の頃も、長女はなかなか制服に着替えなかったけれど、次女は自分で勝手に着替えてたしな。

 

二人とも「小学生」という同じ立場になったので、性格の違いが際立つようになりました。

 

性格の違いのせい。しつけのせいではない

同じような育て方をしてきた姉妹でも、一方はきちんとやれるのに一方はできない。
これはもう、親のしつけ云々ではなく、もともとの性格や能力の差でしょうね。

 

今まで
「どうやってしつけたらいいんだろう」
と悶々としていましたが、こりゃどうしようもないや。
これからも気づいたことは注意するけど、自分の教育が悪いと思うのはやめよう。

 

生活習慣はまったくダメな長女ですが、いいところもあります。

学校での出来事や友達のことを聞くと、必ずプラス面について話すんですね。

「○○さんがおもしろいこと言ってた」
「××くん、こんなところがすごいんだよ」

 

クラスメイトに暴れん坊がいて、長女も何度かケガを負わされたことがあるのですが……。
その子のことですら、長女は悪く言ったことがないのです。
これは長女の美点ですね。

 

一方、次女は学校のことを聞くと
「○○くんにイヤなことされた」
「今の席嫌いだから、はやく席替えしたい」
と、ネガティブなことしか言いません(笑)

同じ学校のことでも、姉妹でこんなにとらえ方が違うんだな、と。

 

ほんと、もともとの性格ですね。

 

「いい子」は親の手柄じゃない

よく
「親のしつけがなってない」
「ちゃんと育てれば子どもはいい子に育つのに」

などと他人を批判する人がいます。

 

たしかに、ぜんぜん子どもをみずに放置している親もいますが……。
でも、たいていの親はがんばってしつけをしていると思うんですよね。

 

自分の経験から言っている方もいるだろうけど、その人だって育てたのは多くて4、5人。
たいていの人は2、3人しか育てていないでしょう。
その程度では「こうすればいい子に育つ」なんて、論じることはできないんじゃないかな。

 

子育てが上手くいったのは、たまたまその子が生まれつき穏やかな子だったり、育てやすい子だったからかもしれないしね。
親の手柄ばかりではないと思いますよ。

 

識者と呼ばれる人だって、家庭を外側からしかみることができない。
その子がどんな性格でどんな行動をとるか、識者は親以上に詳しく知ることはできないのです。
(もちろん、外側からみたアドバイスは有効ですが)

 

なので、子どものもともとの性格を無視した「子育て論」に振り回される必要はないのです。

 

「子どもの性格だから仕方がない」と割り切る一方、その子その子にあった教育方法を考えないといけないですね。

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください