これは秋の花粉症では? 体調が悪いときは花粉を疑え

こんにちは。マノヒロミ(ぴよちゃん)です。
最近、「いらすとや」のイラストだらけだ、という記事を読んだので、私も使ってみました!!

……というのは、今日の記事とはまるで関係のないことで(え……?)

 頭痛い、鼻の奥がいたい、舌がピリピリする、胃もたれがひどい

ここ数日、すごく体調が悪いんですよ。

胃もたれは、ブロフェスでふだん食べつけないおいしい物をガツガツ食べたのが原因でしょう。
逆流性食道炎を患ったこともあるので、胃が弱いんだと思います。
→逆流性食道炎の検査 胃カメラの体験談はこちら

頭痛、鼻の奥の痛み、舌のピリピリは、たぶん「秋の花粉症」のせい。
どうやら、去年あたりから、秋の花粉症デビューしちゃったようなのです。

薬を飲んでも頭痛が治らない、鼻水も出る、という場合は、
秋の花粉症を疑った方がいいかもしれません。

 秋の花粉症の原因は、キク科・イネ科の花粉

春の花粉症と言えば、スギ・ヒノキなどが原因です。
鼻水ダラダラ、頭はガンガン、激しいくしゃみが止まらずつらいですよね。

秋の花粉症はそこまでひどい症状は出ないけれど(私の場合ですが)、
地味にジワジワと体をむしばんできます。

秋の花粉の代表は、キク科のブタクサ
同じくキク科のヨモギも花粉症の原因物質なんですって。
ヨモギなんて体に良さそうなのに、裏切られた気分!

あとはアサ科のカナムグラ

日本人の食卓を支えるイネも、花粉を飛ばしているそうですよ。
日本の心、お米が日本人を苦しめるなんてヒドイ!

おまけに、温暖化のため植物の生育が早くなっているそうで、秋にはすでにスギが花粉を飛ばし始めているんだとか。
スギさん、生き急がなくてもいいんだよ……。

 今から薬を飲んでおけば春が楽

マスクで花粉をガードしてもいいのですが、9月はまだまだ暑いです。
化粧がはげてツラい。

なので、さっさと耳鼻科に行くのが吉。
頭痛や鼻水をガマンしていたら、生産性が落ちます。

私はお薬大好き「ケミカルママ」なので、ツラいときはどんどん薬を飲みますよ。
もう子どもを産む予定もないし。
ケミカル万歳!

今から花粉の薬を飲んでおけば、春の花粉症を軽減させてくれるというメリットも。

というのも、耳鼻科の花粉症の処方薬は、「飲んですぐ効く」ものではないからです。
効果が出るまで2週間以上は飲み続けないといけないのです。

私はだいたい、1月下旬~2月上旬から、春の花粉対策で薬を飲み始めるのですが……。
今から秋の花粉の薬を飲み始めると、そのまま連続で5月くらいまで花粉症の薬を飲むことに。

ずっと薬を飲み続けるのは大変ですが、そのおかげで去年の春の花粉症はそれほど苦しみませんでした。

 原因不明の秋の体調不良は花粉症を疑え

秋は台風も多いので、頭痛や肩こり、体が重いといった症状がでることも多いです。

でも「頭痛薬を飲んでも治らない」と言う場合は、秋の花粉症デビューをした可能性が大。

耳鼻科に行って、チェックしてもらいましょう。
症状が治まれば、生産性が上がりますよ~。

 

 

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください