歯医者選びを間違えると大変なことになる。子どもの「フィステル」を放置されそうになった話

こんにちは。マノヒロミ(ぴよちゃん)です。
あやうく、うちの次女の歯が大変なことになるところでした。

 歯茎におできが……?

何週間か前から、次女が
「口の中にポツっとしたものがある」
と、しきりに気にしていたのです。

見てみると、歯茎に白いおでき状のものが。
最初は口内炎だと思って、しばらく放置していました。

しかし。
それから一週間ほどして「歯が痛い」と。

口の中をよくよく見ると、おできが大きくなり、近くの歯が黒っぽくなっていました。
仕上げ磨きはしているのですが、ちょっと見えにくい場所。
歯の色が変わっているのに気づいていませんでした。

「これはおかしい」と思い、とりあえずネットで調べてみると、「フィステル」という症状に似ています。

フィステルとは、
歯の神経が死んで膿が歯根の先にたまり、さらに歯茎の方に漏れ出した状態

「アレルギーの原因になる」
「菌が体に回ると心臓病に……」

サイトによっては、こんな怖いことが書いてあり、驚いた私は慌ててかかりつけの歯医者へ。

でも、次女の歯の状態を診た医師は、

「大丈夫です。薬をぬっておきましょう」

おできの外側から薬をぬっておわり。

「ネットで調べたら、『歯の神経が腐って膿がたまっている』と書いてあったんですけど……」
「歯も黒くなっています」
「菌が回ると心臓病の原因になると書いてあったんですけど」

歯の色も変わっているし、かなり痛がっているので「大丈夫」な訳はない。
そう思って医師にもっとしっかり診てくれと頼んだものの、「大丈夫」の一点張り。

「ネットは大げさに書いてあったり、間違った情報が書かれていますからね」
「乳歯なので、処置をしなくても生えかわりの時に押し出されてくるので大丈夫」

結局、薬をぬっただけで、「2週間後くらいに経過を診せに来てください」と帰されました。

家に帰ってからも、次女は「歯が痛い」と泣きべそ。
こんなの、2週間も様子見できるわけがない。
そう思い、別の歯医者に行ってみたところ……。

大変なことになっていました。

 やはりフィステル。隣の歯までやられかけてた

やはりおできは「フィステル」でした。

以前処置した歯のすきまから雑菌が入り込み、神経が死んでしまったそう。
歯の神経はもう腐ってしまっていて、雑菌が隣の歯まで侵しかけていました。

このままほうっておいたら、乳歯が何本かやられていたし、下手すれば下で待機している大人の歯まで影響があったかも、ということでした。

これから、しばらく歯医者に通って消毒してもらわないといけないそうです。

神経の死んでしまった乳歯は、大人の歯の準備ができないうちに抜けてしまうだろう、ということで、
歯並びが悪くならないための処置まですることに。

そもそも、「以前処置した歯」というのは、虫歯じゃなかったんです。
乳歯と大人の歯が混在する時期でかみ合わせが悪くなり、歯が欠けてしまったのです。
その欠けた場所を、元のかかりつけの歯医者に処置してもらっていた、というわけ。

虫歯でもない歯の処置に失敗して歯の神経が腐ってしまい、さらには治療してもらえず……。
あやうく次女の歯を何本もダメにするところでした。
まだ7歳なのに、大人の歯までダメになっちゃったらかわいそうすぎます。

取り返しのつかないことになる前に、他の歯医者に診せてほんとうによかったです。

 おかしいと思ったらセカンドオピニオンを受けよう

思い返してみると、元のかかりつけ医は、定期健診には熱心だけれど、あまり治療をしてくれませんでした。

私が「奥歯から変なニオイがする」と言っても、ぜんぜん治療してくれなかったし……。
2015年3月に記事に書いてますね、私。

口臭が気になったので。Panasonic ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61-W買いました!

ちなみに、私も新しい歯医者で診てもらったところ……。
ニオイが気になっていた歯を含め、3ヶ所虫歯になっていました。
やっぱり、虫歯だったんじゃん!!

どんな病気でもそうですが、健診で「大丈夫」と言われても、自分が「おかしい」と思ったら、セカンドオピニオンを受けるべきですね。

私も次女も、歯がボロボロになっちゃうところでした。
命に直接関わる場所ではないけれど、歯医者選びも大切です。

近所の人やネットの口コミを参考にして、納得のいく歯医者を探したいですね。
日本全国の歯医者さんを検索できる!&口コミなら【口コミ歯科・歯医者】へ

そして、納得できない時は、医者を変える勇気も必要です。

 

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です