古本は浄化してから使おう

こんにちは。マノヒロミ(ぴよちゃん)です。
このあいだ、神田の古書店街で古い洋書を買ってきたのですが……。

じつは私、古本や骨董や中古品があまり好きではないのです。

 中古品ではなく、新品が好き

いや、古い物は味があって、見るのは大好きなんですよ。
骨董市とかよく行ってたし。

でも、それを所有するかっていうと、それはまた別の話で。

なんかね、元の持ち主の念がこもってそうでイヤなんです。
特に、元の所有者が分からない物は手元に置きたくないんですよね。

だから、意地になって古く見えるものをわざわざ作るのです。
古い物
これなんかも、新品を使って古く見えるように作りました。

風水でも、あまり中古品は持たない方がいいって言うしね。
「自分のために作られたもの」だと思って、新品を買うのがいいそうです。

 どうしても古い物を手元に置きたいときは

そうはいっても、「写真の小物に使いたい」とか、「どうしても気に入ってしまった」っていうこともあります。
自分の中でものすごい葛藤なのですが(笑)

そういうときはどうするかというと、「浄化」してから所有するのです。

塩をふったり、水で流したり、浄化の方法はいろいろありますが、
今回はお香を使いました。
お香というか、お線香です(笑)

浄化の方法は、
お線香のけむりを、物全体にまんべんなくかかるように行き渡らせるだけ。

自分の気が済むまでやって、自分で「浄化できた」と思えばそれで終了。

気分的な問題ではあるのですが……。
いやな気分で所有するよりは、「すっきりきれいに浄化した」と思ってたほうが、精神衛生上いいですもんね。

 

 

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください