ホメオパシーとかレメディとかについて思うことをつれづれと

こんにちは。マノヒロミ(ぴよちゃん)です。

「ケミカルママ」を自称しているほど、すぐに薬を飲んじゃう私。
でも、ホメオパシー系もきらいじゃありません。

 妄信するものでも毛嫌いするものでもない

ちょっと前にイケダハヤトさんがホメオパシーを買って、ネット上で叩かれていました。→

「ホメオパシー最高! 現代医学はダメダメ」って言ってるわけじゃないのにね。
「僕がムカデに噛まれるのを楽しみに待っててください」っていう姿勢がおもしろすぎるw

私もイケハヤさんと似たようなスタンスかなあ。
(私の方がケミカル寄りだけど)

調子悪ければ、すぐ市販薬飲むし、病院も行くし。

予防接種だってしますよ。
あ、そろそろインフルエンザの予防接種しないと!!

去年はヨーグルトのR-1だけでインフルにならないか実験して、見事子どもにうつされましたからね!!
→「インフルエンザにかかりました

今年は絶対予防接種します!!
予防接種したほうが、かかっても断然軽いし。

……と、このようにお薬や予防接種にはぜんぜん抵抗のない私ですが。

でも、自然派の人たちが好きなホメオパシーとかレメディとかも嫌いじゃありません。

昔はレメディをフルセットで持ってたしね。
今は図太いオバサンである私も、若い頃はレメディに頼るほどナイーブだったんですよ。
レメディ2
→「レメディを処分

3.11の後は、「放射性物質によい」というレメディを、子どもに飲ませてました。
効いてたのかどうなのか分からないけど。

レメディは「効く」という人もいれば、「よく分からない」という人もいますよね。
私の場合は、正直よく分からなかったなあ。
どっちかというと効いてないような……??

効いていると思えば効いているし、効いていないと思えば効かないし。
「病は気から」ということで、気分的なものもあるのでしょう。

私はホメオパシー系は「絶対NG」でも「絶対やるべき」とも思わないです。
必要なければやらないし、すがりたければお守り的にすがればいいし。

 妄信して、さらに他人に押しつけたりしなければOK

一方で、ホメオパシーを毛嫌いする人の気持ちも分かるんですよね。

一部のホメオパシー信者や自然派の方って、すごく極端に走ります。

「ホメオパシーがあるから、現代医学は絶対受けない」
「予防接種は政府の陰謀云々」
「人間には本来、自然治癒力が備わっているから、薬なんて必要ない」

みたいなのがね、ちょっとね。
なんでそこまで極端に走るのかなあ、と。

赤ちゃんにK2シロップ飲ませるのを拒否してビタミンK欠乏にしちゃったり。
おたふくの予防接種を打たずに感染して、聴覚に障害を負ってしまったり。

ここまでくると、「死んでもいいから健康でいたい」みたいで、ちょっと矛盾を感じるんですよね。
そういう極端な態度を見て「ホメオパシー信者って……」と嫌悪感を抱くのはとても分かります。

そもそも、なんで薬や予防接種が開発されたのかを、冷静に考えてみればいいのです。

人間の自然治癒力ではどうにもならず、人がバタバタと病気で死んでいったからこそ、薬や予防接種ができたのです。

世界で5000万~1億人が命を落としたと言われる、1918年の「スペイン風邪」
この「スペイン風邪」って、「インフルエンザ」のことなんです。

現代では薬や予防接種のおかげで、ここまで死者が出ることはないんですよね。
2009年の新型インフルエンザの時でも、世界で28万人。
すぐに予防接種をしたり、薬を飲む日本では、203人だったそうです。

外国ではインフルエンザでも薬を飲まずに寝ているだけのことが多いと聞きます。
日本の死者の少なさから見ても、やっぱり薬って効果絶大なんですよ。

命を危険にさらしてまで、薬や予防接種をかたくなに拒否しなくてもいいのにな、と思うわけです。

自分だけが現代医療を拒否するならともかく、他人にまで強要するようになると最悪ですね。
「子どもに予防接種を受けさせるなんて虐待よ」的な。

やはり、なんでもほどほど。
好きなときにテキトーに取り入れて、他人には干渉しないのが一番です。

 

 

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください