ALLダイソー。あっという間にできるお正月用「松のお飾り」

こんにちは。100均スタイリスト・マノヒロミ(ぴよちゃん)です。
「お正月のお花って、どう活けたらいいかわからないわ」
そう思っている方も多いのではないでしょうか?

私も、生け花やフラワーアレンジメントは、ほとんどやったことがありません。
お正月の凜としたお花はどう活ければいいのか、毎年途方に暮れています。

そんなわけで。
今年は簡単にできて、それっぽく見える「松を使ったお飾り」を作ってみました。

材料はすべて100円ショップでそろいます。
簡単にできるので、ぜひ作ってみてくださいね。

 ALL100均で作ろう。松のお飾りの作り方

まず、材料はこちら。
松1
・千両の枝
・メタリックちよがみ
・ペットボトルの下部を切った物(7cmていど)
・手漉き和紙(ピンク)
・松

ペットボトル以外、すべてダイソーで購入しました。
千両と松は、生のものではなくフェイクです。
100均のフェイクグリーンもよくできてますね!

1.和紙を破って切る

松2
切ったペットボトルと同じ高さに、和紙を破ります。

はさみで切らず、手でワイルドに破った方が、和紙の風合いが出ていい感じになります。
破りにくい場合は、折れ線をつけ、そこに水をつけると破りやすくなりますよ。

2.和紙をペットボトルに巻く

松3
両面テープで、和紙をぐるりとペットボトルに巻きます。

あまりこだわらなくてもいいかもしれませんが、
私は慶事のラッピングと同じように、右が上になるように巻きました。

3.メタリックちよがみを巻く

ダイソーで見つけて「これ、お正月にぴったり!!」と即買いしたのが
この「メタリックちよがみ」
松4
表が金と銀で、裏が赤になっています。
これで鶴を折るだけでお正月っぽいです。

このちよがみを半分の大きさに切り、
赤と金(銀)が見えるように折り曲げます。

半分に切った紙を2本つなぐと、ペットボトルの胴をぐるりと巻くことができます。
松5
これで、入れ物が完成です。

4.松と千両を活ける

松6
ペットボトルなので、水を入れて本物の松や千両を活けてももちろんOK!

でも、本物の松は意外と高かったので……、
100均のフェイクグリーンで代用してみました。

松は小枝を下に引けば、簡単にはずすことができます。
千両の方は、ハサミで切ることができますよ。

松7
松と千両を、ペットボトルに差し込むだけでできあがり。

松8
少し飾りをつけると、一気に和風に。
これもダイソーの商品。
扇、鶴の水引、房飾りが3点セットで100円でした。

紅白のリボンや水引を巻いてもかわいいですね。
鏡もち扉
プチプラで簡単にできる松のお飾り。

お正月のお花はどうしよう、と迷っていたら、ぜひ作ってみてくださいね。

一緒に写っている鏡餅風お飾りの作り方はこちら。
ダイソーの人気商品を使って。カジュアルかわいい「鏡餅風お飾り」の作り方

 

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です