スマイルゼミが予想以上に良かったのでレビューします!

こんにちは。マノヒロミ(ぴよちゃん)です。
わが家の子どもたちは新5年生と新2年生。

3月末に、姉妹そろって◆スマイルゼミ◆を始めました。 
このスマイルゼミが、思った以上に効果アリで、かーちゃん、感動しております!

この感動をみなさんにも知っていただきたいと思い、レビューを書くことにしました。

 スマイルゼミとは

スマイルゼミというのは、タブレット型の通信教材。
ワープロソフトの「一太郎」や「ATOK」で有名な、ジャストシステムがやっている教材です。


新5年生の長女は、国語・算数・理科・社会・英語の5教科+「漢検ドリル」「計算ドリル」
スマイルゼミ3

新2年生の次女は、国語・算数・英語の3教科+「漢検ドリル」「計算ドリル」
スマイルゼミ2

2020年から小学校で英語が必修化するそうですが、すでにスマイルゼミでは普通に教科に組み込まれています。

 挫折するのでは? と不安に思いながら申し込みしました

通信教育って手軽な一方、塾のように先生が見張っているわけではないので、挫折しがちなんですよね……。

じっさい、私もこどもの頃、通信教育で挫折しています。

いや、こどもの頃だけではなかったわ。
大人になって「医療事務」の通信を始めたものの、一度もテキストを開かず終わったこともありましたね……。
バカバカ!! お金がもったいない!!

ことほどさように、大人でも続けることが難しい通信教育。

何度も怒鳴られないと、学校の宿題すらやらないうちの子たちが、ちゃんとやるとは思えませんでした。

じつは、うちの次女、進研ゼミ小学講座「チャレンジタッチ」で挫折してるんですよね……。

スマイルゼミもチャレンジタッチも、同じタブレット教材。
長女はともかく、一度挫折している次女には合わないんじゃないかなあ、と思っていました。

「どうせ、タブレットがかっこいいからやりたいだけでしょ」
「数回やったら、もう飽きてほったらかしなんでしょ」

なんて、あまり期待しないで始めたスマイルゼミですが……。

意外や意外。
始めてから1か月間、毎日ちゃんと勉強してるんですねえ。

それどころか、朝、登校前にスマイルゼミやってるんですよ。
ヒマさえあれば、遊んだりダラダラしてたのに。

どうしちゃったの? うちの子たち? とかなりビックリしています。

あ、ちなみにこの画面のカレンダー。
「スタンプがついてない日がいっぱいあるじゃん」とお思いでしょう。
スマイルゼミ2
これ、こどもが勉強をサボったわけではなく、私が学習終了の連絡メールに返信し忘れたから、スタンプがない? みたいです(ちょっとこのあたり、私もよくわかってない)

こどもたちは、私の目の前でちゃんと毎日勉強しています。

親の方がちゃんとついていけてない……。反省。

 スマイルゼミのなにが良かったのか

スマイルゼミ4
以前読んだ勝間和代さんのダイエット本に、ダイエットを成功させるコツがこう書いてありました。

1.運動習慣のコントロール
2.ゲーミフィケーション
3.他人から監視される
4.運動する友達を作る
5.「実益」のある運動に集中する
6.鍛えるだけでなく、「緩める」ことにも気を遣う

【書評】「やせる!」勝間和代 誰でも健康的にみるみるやせる!

これ、勉強でも同じことが言えるなーと。

スマイルゼミでは、この6つの法則がうまく使われてるんですよね。

1の「運動(学習)習慣のコントロール」は、「気づいたらやっている状態をつくる」ということ。

これは、

「すぐ手に取れる場所にタブレットがある」

ということでクリアしています。
タブレット収納006

2の「ゲーミフィケーション」は、つまり「勉強をゲーム化」するってことですが、こどもにはかなり効果的。

スマイルゼミは勉強をすると★(スター)がもらえます。
その数によってゲームができたり、自分のアバターに着せ替えができたりするのです。
スマイルゼミ8
この兜なんて、30スターも必要なのでそうとう勉強しないともらえません。
うちの子は「私たちは女子だから兜はいらん」と言ってますが(笑)

3の「他人から監視される」は、勉強開始&勉強終了のタイミングで、親のスマホに通知がくるのです。
サボっているとバレバレ。

4の「運動(学習)するともだちを作る」は、うちの場合姉妹でやっているのでクリアですね。

もし、兄弟姉妹や近所のお友達とやっていなくても大丈夫。

月1回、勉強量が多い子のたちのアバターをずらりと並べ、表彰式をしてくれるのです。
なので、孤独になりがちな通信教育でも、仲間がいることを意識できます。

同時に「プラチナランク」「ゴールドランク」など、ランキングも表示されるので、スマイルゼミをやっている子の中でどのくらいの順位にいるか、意識することができます。

もうすぐ、こんな企画もあるらしいし。
スマイルゼミ9
毎日、学習の「ミッション」が課されるのですが、それをクリアした数を競うんですって。

負けず嫌いな子は、がんばって勉強しそうですよね。

5の「実益のある運動(勉強)に集中する」は、学習タブレットなので当然クリア。

6の「鍛えるだけでなく、緩めることにも気をつかう」もクリア。
ちゃんと、「遊び」の機能がついています。

勉強すると、ごほうびのカードがもらえたり……。
スマイルゼミ5
★1個につき3分間ゲームができたりします。

ゲームは、時間がくるとどんなにいいところでも、強制終了されちゃいます。
これも、親にとっては嬉しいシステムですよね(笑)

 デメリットはないの?

いいことが多いスマイルゼミですが、デメリットはないの? とお思いでしょう。

もちろん、あります。

それは「高学年になると悪知恵を働かせてズルをする」

スマイルゼミは、間違えた問題をやり直しする機能があるのですが、長女の学習をみていたらズルしてました。

算数の問題で、間違えたかしょの答えを丸暗記。
すかさずやり直しをし、その丸暗記した答えを書くという……。
それで、100点をとってドヤ顔してましたわ。ズルイ。

でも、こういうズルは、紙媒体の教材でも、塾の宿題でも同じようなことしちゃいますよね。

私、こどもの頃ピアノ習ってたんですが、楽譜書く宿題で答えの敷き写ししてました。ハイ。

間違い直しの問題は
「問題のパターンは一緒でも、数字が変わっている」
ってな風に変えてくれるといいんですけどね~。

 塾に通わなくても、スマイルゼミで大丈夫そう!

スマイルゼミ1
じつは、長女と同学年の5年生の子たちが、続々と塾に通い出して、ちょっと焦っていたのです。
このままじゃ、みんなに勉強置いていかれるんじゃないか、って。

でも、スマイルゼミをやっていれば、小学校の間はなんとかなりそうだな、と最近は思っています。

毎日の学習習慣もついたし。
漢字でいつも30点台をとっていた長女が、80、90点台をコンスタントにとれるようになったし。

正直、中学受験をする場合は、学習量も多くはないので、スマイルゼミでは物足りないかもしれません。
(「発展クラス」といって、学習量が多く、応用問題を出してくれるコースもあります)

でも「学習で遅れをとらない」という目的なら、スマイルゼミで十分だと思います!

塾に入れると、塾代も高額だし、送り迎えが大変。
だけど、通信教育ならお金や時間で悩まされることもないので、親も気楽です。

スマイルゼミ、はじめてみて良かったな、と思っています。

資料請求すると、すごく分かりやすいパンフがきますよ~。


ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です