素人でもセンスがなくても。ステキな写真を撮る「たったひとつのコツ」とは

こんにちは。マノヒロミ(ぴよちゃん)です。

 これひとつ気をつけるだけで、写真がぐっとあか抜ける

「なんだかゴチャゴチャした写真になってしまう」

「なんとなく、写真があか抜けないのよね」

写真を撮っていると、そんなことを思ったりしませんか?

でも、たったひとつのことを気をつけるだけで、ぐっとあか抜けた写真になるのです。

ただひとつだけ気をつけること。それは……。

「写真全体の色をそろえる」

上の写真でいえば、色は「みどり」しか使っていません。
(厳密にいえば、白と茶色と銀色もあるけれどね)

「この写真、なに色?」と質問したら、9割以上の人が
「みどり」または「白とみどり」と答えると思います。

この、ひとことで「なに色」と表現できることが大事。

服でも、いろいろな色が入ったものは、着こなしが難しいですよね。
おしゃれ上級者なら着こなせても、
センスがない人、ファッションに興味がない人には難しい。

それと一緒で、写真も素人ほど「使う色を厳選する」のが大事。

1.自分が撮影したいものが「なに色か」を観察
2.それと同じ色味のわき役小物を、周りに配置

こうやって、写真に写るものをセレクトしていくと、うまくいきます。

その他写真のコツは、この本に書いてあるよ

なーんて、いかにも自分が考えたように書きましたが……。

この「色を一色しか使わない」というコツは、この本に書いてあるのです。

この本の表紙も、一言で「白と茶色」と言えますよね。

「100のルール」ということで、「色をそろえる」意外にもたくさんのコツが書かれています。

最初の「基本の10法則」を読むだけでも、あなたの撮る写真はかなりステキになりますよ!

Instagramでフォロワー1万人も夢じゃないかも。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です