頭と鼻の奥が痛い……。病院に行ったら「上咽頭炎」だった

こんにちは。マノヒロミです。

 

昨日の記事にも「春からずっと体調が悪い」と書きました。

カフェイン抜き生活にチャレンジしてみます

昨日も頭が痛かったのですが、よくよく見ると風邪薬にも「無水カフェイン」が含まれているので、飲むのはガマン。

今日、耳鼻科に行ってきました。

 

耳鼻科で「上咽頭炎」と診断

耳鼻科に行って、「頭と鼻の奥が痛いんです」と診察してもらったところ……。

「上咽頭炎」

との診断が。

 

「鼻の奥に薬を塗ってみて、しみたら『上咽頭炎』ですからね」

と言われて薬をぬってもらったら、もうしみるのなんの(泣)

 

私、痛みにはけっこう強い方ですが、

「ぐぐぐわわ~!! 痛い、いだいでず~!!!」

と思わず叫びましたからね。もう、痛さで涙と鼻水がダラダラですわ。

 

上咽頭炎とは

「上咽頭」というのは喉の一番上の部分。鼻の奥で喉と合流するあたりのこと。

そこにウイルスだの細菌だのがひっついて炎症を起こすのが「上咽頭炎」です。

 

症状は風邪と似ていて、

 

  • 鼻や目の奥が痛くなる
  • 肩こり
  • 発熱
  • 鼻の奥になにかはりついてるかんじがする
  • 関節痛

 

などの症状がでるそうな。

 

そういえば私、だいぶ前から鼻の奥になにか貼りついてる感じがしてたんだった!

さっさと耳鼻科行けばよかったわ。

 

ちなみに関節痛もあります。

仕事で重い荷物を持つから「腱鞘炎かな」と思っていましたが、もしかして上咽頭炎のせい??

 

治療法

私が鼻の奥にぬってもらった薬は、どうやら「塩化亜鉛」みたいです。

Bスポット療法といって、塩化亜鉛を患部にぬって炎症を抑えるんだそうな。

 

それから、薬も処方されました。

 

  • セフカペンピボキシル(抗生物質)
  • ポンタールカプセル(解熱鎮痛剤)
  • シスダイン(去痰剤)
  • テプレノンカプセル(胃薬)

 

4日分処方され、治れば耳鼻科には通わなくてもいいとのこと。

 

でも、ネットでみると、Bスポット療法してる人は、何度も通って薬をぬってもらっているんですよね。

急性上咽頭炎の場合は飲み薬で治るけど、慢性化したら耳鼻科に通うってことかしら……?

 

私、だいぶ長いこと調子が悪いので、もしかしたら慢性化してるかも。

そうしたら、耳鼻科通いだなあ。ふぅ。病気ばっかり。

 

上咽頭炎は内科では発見できない

目や鼻の奥が痛かったり、風邪が長引いてるな、という時は、耳鼻科に行ってみるといいですよ。

上咽頭炎は内科では発見できないそうです。

内科は鼻の奥までは診ないもんねえ。

 

今日、内科じゃなくて耳鼻科に行ってよかった~♪

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です