【書評】あなたの天職がわかる16の性格

こんにちは。マノヒロミです。

今日はこの本を読みました。

 

「あなたの天職がわかる16の性格」です。

 

なかなか自分のことってわからない

人間って、なかなか自分のことがわからないもの。

 

自分はどういう性格なのか。

自分は何に向いているのか。

どういう仕事につけば、自分の才能を発揮できるのか。

 

自分のことを知りたい人が多く、適性診断や性格診断みたいなものが大人気ですよね。

 

かくいう私も、こういう診断は大好きです。

過去にも、この手の本はたくさん読んでいます。

誰にでも才能はある。問題はその「原石」をどう見つけて磨くかだ

【書評】医師の作った頭の良さテスト。私のタイプはこれだ!!

 

その中でも、今回読んだ「あなたの天職がわかる16の性格」は、職業に特化した性格診断本です。

 

4つのテストで16の性格パターンを診断

この本では、

1.外向(E)―内向(I)

2.五感(S)―直観(N)

3.思考(T)―情緒(F)

4.決断(J)―柔軟(P)

この4つの組み合わせで、16の性格を導き出します。

 

例えば、外向的か内向的かのテストでは、

「他人と一緒にいると元気になる(外向)」or「ひとりで過ごしていると元気になる(内向)」

というように、自分はどちらの傾向があるかチェックしていきます。

 

最終的にチェックした数が多い方が、自分の性格の傾向だということです。

4つのテストひっくるめて34問なので、そんなに大変なテストではありません。

20分もあれば終わるのではないかな。

 

16の性格

16の性格は

  1. 責任者
  2. 努力家
  3. 社交家
  4. 組織人
  5. 冒険家
  6. 実務家
  7. 楽天家
  8. 職人肌
  9. リーダー
  10. アイディアマン
  11. 企業家
  12. 戦略家
  13. チームプレーヤー
  14. 理想家
  15. 創作者
  16. 芸術家

 

以上16タイプです。

 

テストの後のページには、

 

  • 各性格の解説と具体例
  • 向いている職業
  • 長所・短所
  • 転職活動のさいに気を付けること

 

などが、詳細に書かれています。

 

自分の性格について詳しく書いてあるので、とても面白いのですが……。

逆に言えば自分と関係のない残り15の性格の部分が多すぎて、人によっては「読むところが少ない」と感じてしまうかも……。

 

年齢を重ねた人はちょっと注意

ちなみに私の場合、それぞれのテストで同点や僅差がけっこう多かったのです。

 

テストをしてる時も

「うーん、こういう場合はこっちだけど、こういうシーンではあっちだなあ」

と解答に迷うケースもたくさんありました。

 

結局、

チームプレーヤー、理想家、創作者、芸術家

の4つのどれか、というかんじで、ひとつには絞れませんでした。

 

これ、私の年齢(45歳)からいうと、別におかしいことではないみたいです。

 

本書によると、25歳前後から「五感or直観」「思考or情緒」のうち、苦手な方を発達させるようになるそうです。

 

中年になって、「人生の時間はそう残されてはいない」と自覚することで、「より円熟した人間になりたい」と、苦手な方を補完し始めるんだそうな。

 

50歳を過ぎると苦手な方をさらに発達させ、短所が短所でなくなっていくそうです。

 

「五感」「直観」「思考」「情緒」をバランスよく発揮できるようになると、「内向or外向」「決断or柔軟」の項目も、自然にバランスよくなってくる……、と。

 

50の坂が見えてきた私も、苦手だった性格傾向が矯正されて、円熟してきたということなのかもしれません。

 

なので中年の人たちは、わりとどういう職場に転職しても、それなりに上手にやっていけるのではないでしょうか。

 

子育てが終わって、「さあ、また働きに出よう」という人も、どういう仕事についてもなんとかなりそうです。

 

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です