【DIY】石目調スタイリングボードのペイント方法

こんにちは。マノヒロミです。

 

先日に引き続き、写真撮影用のスタイリングボードを作りました。

【DIY】写真撮影用のスタイリングボードを作りました

 

【DIY】ターナー色彩「クラッキングメディウム」で上手にひび割れを作る方法

 

石目調のスタイリングボードの作り方

ではでは、石目調のスタイリングボードを作っていきましょう!

 

板を用意する

まずは、板を用意します。

私はケチって、500mm×700mm厚さ5mmのラワンベニヤを購入。

つるっとしたシナベニヤより安かったのです(笑)

 

ちなみに、表面は「そのままでもいけるんじゃない?」ってことでそのまま使用。

この写真の一番下の板ですね。

「ボード作るの、めんどくさいや」という方は、ラワンベニヤをそのまま使うのがオススメ。

つるつるのニス加工の机の上で撮影するよりはずっといいです。

 

ベースの色をペイント

裏にはペイントをします!

石目調の黒っぽいのが欲しかったので、まずは真っ黒にペイントしました。

まっくろにペイントした状態↑

 

「このままでもけっこういいんじゃない?」と、私の心の中のズボラ主婦がささやきましたが……。

いやいや、がんばって石目調にするんだ!

 

スポンジを使って色を乗せていく

お次は、石っぽく見えるように、色々な色を乗せていきます。

使うのはこちら。

 

スポンジです。

私は、家にあったメラミンスポンジを使いました。

 

スポンジは、ゴツゴツ感が出るように、表面をつまんで穴を開けています。

 

角の部分をしっかり取り除くのがポイント

角が残っていると、いかにも「スタンプしました~」というような四角い跡がついてしまいます。

私は、グレーと茶色のペンキをポンポンしていきました。

 

できあがりはこちら。

うーむ……。

なんか、茶色が明るすぎてジャマだし、スタンプ跡がわざとらしい……。

 

というわけで、上から黒いペンキをポンポンして茶色を消しました。

 

スパッタリングで細かい粒を飛ばす

黒でぬりつぶしたものの、今度は寂しい感じに(泣)

なので、「スパッタリング」をしてツブツブ感を増やすことにしました。

 

「スパッタリング」とは、絵の具がついたブラシで金網をこすり、飛沫を飛ばす絵画技法のこと。

こういう↑、専用の網も売っていますが、私はダイソーの「カス揚げ」&古歯ブラシで代用。

カス揚げとは、これですね。揚げ物のカスをとるヤツ。

 

最初は、ペンキをそのままの濃さで使っていましたが、ちょっと水で薄めてゆるくした方が良く飛びます

 

金網の使い方も、ちょっと工夫が必要。

最初は、下の写真のように、ペンキを漉すような感じでやっていました。

でも、このやり方だと、ぜんぜん飛沫が飛ばないんです。

網の裏にたまったペンキが垂れるし……。

 

なので、カス揚げを逆さにして、歯ブラシをひねるような形でペンキを飛ばしてみました。

歯ブラシのヘッドの部分を網に押し当てて、くるっとひねるとけっこうしぶきが飛びます。

こっちの方が楽で早い!!

 

完成!!

ペンキをよーく乾かしたら完成です!!

どうでしょうか? 石っぽく見えるかな?

近くに寄ってみるとこんな感じ。

アンダーフォトに使えそうなかんじ!!

 

今シーズンの写真の流行は「フェミニンアンダー」が来るそう。

インスタ映えを狙うなら、黒っぽいスタイリングボード持っていた方がいいですね。

 

もうちょっとしたらハロウィンだし、このボードが大活躍しそうです。

ランキングに参加しています

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です